ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

!OraRep は、PL/SQL のスニペット (シェル スクリプトに埋め込まれます) を提供するあなたインスタンスに関する概要、いくつかのヒント、パフォーマンス チューニングのため、特定のデータベース インスタンスに適切にフォーマットされた html 形式のレポートを作成します。Oracle 8.1.7、9.0.1、および 9.2 でテストされています。スクリプトは、定期的に実行する cron タスクに簡単に収まります。サンプルの出力 (HTML) が含まれています。OSPRep は最大 7、スナップショット ・ レベルに基づく Oracle !StatsPack レポートのための同じ仕事の特別な問題についてより詳細なレポートの追加の「プラグイン」を提供しています。また、必要に応じて結果を可視化するグラフの別のページを作成します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-10-17 01:25
OSPRep v0.4.7

このリリースは、」使用、空実行プラン テーブル」TOP_N sql AWR 層の修正の TOP_N 要素には、正しい順序などいくつかの修正といくつか書式設定の修正 TOP_N exec で大きな値をいます。さらに、いくつか新しいものをしました: コンテキスト ヘルプ、pga ・ sga ターゲット アドバイス end_snapshot (MK_PGAA ・ MK_SGASUM によって作成された) AWR の統計情報をプラス。
タグ: Minor feature enhancements, minor fixes
This release focuses on some corrections such as correct ordering on TOP_N elements, fixing "empty execution plan tables" on TOP_N SQL with AWR-layer used, and some formatting correction for large values in TOP_N by exec. Furthermore, some new things have been added: more context help again, plus pga/sga target advice for end_snapshot to AWR stats (created depending on MK_PGAA/MK_SGASUM).

2011-09-18 10:11
0.4.6

このリリースの焦点は、今も背景- Waitevents、上位N SQL、そしてトップ10の待機をサポートしているAWRの互換性レイヤへの機能強化です。さらに、ドキュメントが更新されています、そしてコンテキストヘルプには、多くの詳細を追加していた。
タグ: minor fixes, feature improvements
The focus of this release is enhancements to the AWR compatibility layer, which now also supports Background-Waitevents, Top-N SQL, and Top 10 wait. Additionally, the documentation has been updated, and the context help had many details added.

2011-05-10 06:10
OSPRep v0.4.5

このバージョンでは、AWRデータに対してレポートを実行するための互換レイヤを導入しています。この層は、どちらもも(上位NのSQL文が取得することができないなど)が完全に最適ですが、それはあなたは、AWRデータと独自にカスタマイズしたStatspackのスクリプトを使用してOSPRepを使用することができます。その他の変更点としては、上位NのSQLおよび10gでエンキュー統計情報、およびいくつかのマイナーな変更や修正のための追加の列が含まれています。これは単なるOraRepではなくStatspackの分岐OSPRep、対応する更新プログラムです。
タグ: minor fixes, major feature enhancement
This version introduces a compatibility layer to run reports against AWR data. This layer is neither perfect nor even complete (e.g. Top-N SQL statements cannot be fetched), but it enables you to use OSPRep with AWR data and your own customized StatsPack scripts. Other changes include additional columns for Top-N SQL and for the Enqueue Stats on 10g, plus some more minor changes and fixes. This is an update just for the StatsPack branch OSPRep, not for OraRep.

2011-04-06 06:37
0.4.4

このリリースでは、11gR2(未テスト)は、新しい上位N SQLステートメントのセクションのサポートを追加(("CPU使用率による.."、"#:..時間が経過"、および"..無効化で"10グラム+))、"最後の列アクティブ"と"モジュール"は、上位N SQL Plusをキーワードでの強調表示10グラム+(そして、できればそれ以上"内のランダムな"スペース)、いくつかのより有用な背景情報(コンテキストヘルプ)、さらに微調整と改善(いくつかのコードと書式設定を含む(行方不明)バインドのチェックが)改善される。
タグ: feature improvements
This release adds support for 11gR2 (untested), new Top-N SQL Statements sections ("..by CPU usage", "..by time elapsed", and "..by Invalidations" (10g+)), columns for "Last Active" and "Module" in Top-N SQL plus keyword highlighting on 10g+ (and hopefully no more "random" spaces within), some more helpful background info (context help), and more minor adjustments and improvements (including some code formatting and a check for (missing) BINDs to be improved).

2008-06-10 02:57
0.4.3

OSPRep完全にOracle 8iのは、うまくいけばすぐに固定されては壊されていた。このリリースのOracle 10gを使用したレポートの問題を回避しようとすると+ dbms_output.put_lineで変更された動作が原因で発生。小さな変化をも11gと、このリリースの作業になります。
タグ: Major bugfixes, StatsPack
OSPRep had been totally broken for Oracle 8i, which is hopefully fixed now. This release tries to work around issues in reports with Oracle 10g+ caused by the changed behavior in dbms_output.put_line. A small change makes this release work with 11g as well.

プロジェクトリソース