ダウンロードリスト

プロジェクト概要

OpenWebMailはフル機能のWebメール、アドレス帳、カレンダー、およびWebdiskを備え、迅速でメモリにも効率的な方法で非常に大規模なメールフォルダのファイルを管理するために設計されたシステムです。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-01-25 14:12
2.53

このリリースで修正いくつかの報告のXSS(クロスサイトスクリプティング)の脆弱性。言語とOpenWebMailの文字セットはされてISOに標準化して- 3066。 UTF - 8文字セットは、システムのセットアップ中にほぼすべての言語用に生成されます。タイムゾーンは現在、システムのzoneinfoのファイルからサポートすることができます。更新履歴今SVNから生成されます。
タグ: Minor security fixes, Stable
This release fixes several reported XSS
(cross-site scripting) vulnerabilities. Languages
and character sets in OpenWebMail have now been
standardized on ISO-3066. UTF-8 character sets are
now generated during system setup for almost all
languages. Timezones can now be supported from the
system zoneinfo file. Changelogs are now generated
from SVN.

2006-05-03 13:24
2.52

セキュリティ脆弱性の数は、このリリースで対処されている。アドレス帳を素早く選択すぐに利用可能です。メッセージのタイムスタンプのいずれかとしてSentDateし、[受信日時]を使用してサポートされます。メッセージのインデックス作成速度を2倍にされた。サイレントタイトルバーに"未読メッセージの数"の通知を実施した。
タグ: Minor security fixes, Stable
A number of security vulnerabilities have been
addressed in this release. Addressbook quick
selection is now available. Using either SentDate
and Received Date as a message timestamp is
supported. Message indexing speed was doubled. A
silent title bar "unread message count"
notification was implemented.

2005-02-28 13:20
2.51

このリリースでは大幅に、読書メッセージに添付ファイルの削除をサポートし、独自の文字セットは、複数のグローバルアドレス帳をサポートしてメッセージを表示し、ファイルのアップロードのURLをサポートしWebdiskにアクセス許可の変更をサポートファイルに複数の文字セットのサポートを改善しています。中止されたパイプの子供のために予期しないプロセスの死とそれも修正され問題があるため、誤って切断されたPOP3サーバーは、不適切なDEFAULT_ *オプションを解析し、これ以上の変換を実行して、グローバルアドレス帳の破損の問題を処理するのは、巨大なメモリ使用量一度。
タグ: Minor feature enhancements, Stable
This release features greatly improved multiple charset
support, attachment deletion support in reading messages,
file permission modification support in Webdisk, displaying a
message with its own charset, multiple global address book
support, and URL support in file uploading. It also fixes a
problem with unexpected process death because of an
aborted piped child, huge memory usage because of
improperly handling of a disconnected POP3 server,
improperly parsing of DEFAULT_* options, and problems with
global address book corruption because of running
conversion for more than once.

2005-01-06 03:58
2.50

このリリースでは、カレンダーの中の文字セットのサポート、新しいvCardを準拠してアドレス帳は、メールフィルタの処理速度の改善、およびユーザのspamassassinのconfiguratinファイルの編集をサポートする1。また、修正プログラムには、次の問題:Perlでのいくつかのバージョンでは、Perlの$ 1 taintnessのバグは、いくつかのpamのdoen'tは、passwdを変更する前に、古いpasswdのチェックモジュールの問題は、"アプリケーションのバグ:perl5.8.3 SIG_IGNには設定のSIGCHLDているコール()..."を待つLinuxシステム上では、システムログで、"再帰呼び出し...のうち、メモリ不足の警告!" httpdのエラーログにエラー。
タグ: Stable
This release has a new vCard compliant addressbook, charset support in calendar, speed improvements in the mail filter, and per-user spamassassin configuratin file editing support. It also fixes the following problems: the Perl $1 taintness bug in some version of Perl, the problem that some pam modules doen't check the old passwd before changing the passwd, the "application bug: perl5.8.3 has SIGCHLD set to SIG_IGN but calls wait()..." warning in the system log on Linux systems, and the "recursive call...,out of memory!" error in the httpd error log.

2004-09-27 02:28
2.41

このリリースでは、次の変更:新しいオプションenable_globalfilter、learnspamのアイコンは、非公式の文字セットのサポートも向上しています。また、修正プログラムにはあまりにもゾンビのPerl 5.8.4以降で問題プロセスの多くは、いくつかのケース内のフォルダの不適切なサイズとメッセージカウントの要約には、configファイル内の不適切な解析のDEFAULTオプション、および不適切なインポート/エクスポートするアドレス帳のルーチンは、カンマまたは複数行のフィールドを処理しませんでした。
タグ: Major bugfixes, Stable
This release has the following changes: a new option enable_globalfilter, a learnspam icon, and better support for unofficial charsets. It also fixes the too many zombie processes problem with Perl 5.8.4 or later, the incorrect size and message count summary of folders in some cases, the improperly parsed DEFAULT options in the config file, and the incorrect import/export address book routines that didn't handle fields with comma or multiple lines.

プロジェクトリソース