ダウンロードリスト

プロジェクト概要

オープンウェブSSOプロジェクト(OpenSSO)は、ネットワークインフラストラクチャにおけるセキュリティコンポーネントのような透明なシングルサインオン(SSO)の実装を簡素化するためのコア·アイデンティティ·サービスを提供しています。OpenSSOは、一般的にIDリポジトリの異なるセットに対して動作する場合があり、そのようなWebサーバとアプリケーションサーバなど、さまざまなプラットフォーム上でホストされている多様なWebアプリケーションを統合するための基盤を提供します。 このプロジェクトは、Sun Java SystemのAccess Managerのコードベースに基づいています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-11-12 03:25
8.0

インストールおよび構成を簡略化。中央サーバとエージェントの構成のOpenSSOエンタープライズ管理コンソールの一般的なタスク。簡体字のWebサービスのセキュリティエージェント。 WS - Federationをサポートします。 XACMLのバージョン2.0をサポート。セキュアな認証と属性の両替。 SAMLv2プロファイルをサポートします。セキュリティトークンサービス(STS)。 SAMLv2アサーションフェールオーバー。新しいコマンドラインユーティリティ(ssoadm)。サービスタグのサポート。国際化とローカライゼーションを変更します。のUnix、SecurIDのは、SafeWord認証モジュールです。
タグ: Enterprise, Major feature enhancements
Simplified installation and configuration. Centralized server and agent configuration, OpenSSO Enterprise Administration Console Common Tasks. Simplified Web Services Security agents. WS-Federation support. Support for XACML version 2.0. Secure Authentication and Attribute Exchange. SAMLv2 profile support. A Security Token Service (STS). SAMLv2 assertion failover. A new command line utility (ssoadm). Support for Service Tags. Internationalization and localization changes. Unix, SecurID, and SafeWord authentication modules.

2008-11-11 16:15
Build 5

簡単なインストールと設定、集中管理サーバーとエージェントの構成のOpenSSOエンタープライズ管理コンソールの共通のタスク、簡体字のWebサービスのセキュリティエージェントは、WS - Federationのサポート、XACMLのバージョン2.0では、セキュアな認証と属性の両替、SAMLv2プロファイルをサポートする、セキュリティトークンサービスのサポート( STS)は、SAMLv2アサーションフェールオーバー、新しいコマンドラインユーティリティ(ssoadm)、サービスタグ、国際化およびローカライゼーションの変更、およびUnix、SecurIDのは、SafeWord認証モジュールをサポートします。
タグ: Express
Simplified installation and configuration, centralized server and agent configuration, OpenSSO Enterprise Administration Console Common Tasks, Simplified Web Services Security agents, WS-Federation support, support for XACML version 2.0, Secure Authentication and Attribute Exchange, SAMLv2 profile support, a Security Token Service (STS), SAMLv2 assertion failover, a new command-line utility (ssoadm), support for Service Tags, internationalization and localization changes, and Unix, SecurID, and SafeWord authentication modules.

プロジェクトリソース