ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Open MPIは、他のいくつかのFT-MPI、LA-MPI、LAM/MPI、PACX-MPIといった技術や資源を融合し、利用できる最善のMPIライブラリを構築するために始められたプロジェクトである。 完全に新しいMPI-2に準拠した実装では、Open MPIは、システムおよびソフトウェアのベンダー、アプリケーション開発者、およびコンピュータサイエンスの研究者に利点を提供します。 簡単に使えて、多種多様なOSやネットワーク接続、バッチ、スケジューリングシステム上でネイディブに動作します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-08-23 06:24
1.5.4

このリリースでは、データ型リークをインデックス化に新しいMPI - 2.2のデータ型および修正のサポートが追加されています。それは、動的なIBのサービスレベルと新しいWinVerbs(WV)BTLが追加されます。それはrankfilesの"スロット"キーワードをすることができます。それは、Mellanox社のConnectX 3デバイスIDを追加します。それは、SPARC 32ビットのSIGBUSエラーおよびSolarisレガシーmunmapを修正しています。それは欠落しているARMのファイルを追加します。それはappfilesで128以上のエントリが可能になります。それは、LSFと改善LoadLevelerにサポートを修正。それはhwloc v1.2に更新されています。それは、MPIのIOとMPI_THREAD_MULTIPLEで再帰的なロックを修正。それはF90 sendcounts / displsパラメータの型を修正しています。それはPCIがOpenFabricsでご注文のリラックスをサポートしています。それは、(未発表)MellanoxのMXMの輸送のためのサポートを追加します。
タグ: Major bugfixes, Minor feature enhancements
This release adds support for new MPI-2.2 datatypes and fixes indexed datatype leaks. It adds dynamic IB service levels and new WinVerbs (wv) BTL. It allows the "slots" keyword in rankfiles. It adds Mellanox ConnectX 3 device IDs. It fixes SPARC 32-bit SIGBUS errors and Solaris legacy munmap. It adds missing ARM files. It allows more than 128 entries in appfiles. It fixes LSF and improves LoadLeveler support. It has been updated to hwloc v1.2. It fixes recursive locking with MPI IO and MPI_THREAD_MULTIPLE. It fixes F90 sendcounts/displs param types. It supports PCI relaxed ordering with OpenFabrics. It adds support for the (unreleased) Mellanox MXM transport.

2011-03-17 10:35
1.5.3

このリリースでは、(OMPI_Affinity_str()APIをすなわち)が誤って1.5.2リリースから残っていた欠けている"親和性"MPIの拡張子を追加します。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds the missing "affinity" MPI extension (i.e. the OMPI_Affinity_str() API) that was accidentally left out of the 1.5.2 release.

2011-03-10 10:56
1.5.2

Hwlocに置き換えますPLPA。 OMPI_Affinity_str()は、ユーザレベルのAPI関数を追加します。 /エンドポイントのMCA paramsは新しいmtl_mx_boardを追加します。ネットワークフェイルオーバーのであるOpenFabricsベースのトランスポートとbfoのPMLのサポートをummunotify追加します。詳細FTB / CIFTSサポートを追加します。 ARMのサポートを追加します。 MPICH2の1.3からの更新Romioさん。 openibのBTLは、Solarisのサポートを追加します。 Solaris固有のチップを検出し、パフォーマンスの向上を追加します。更新ヴォルテールFCAのをサポートしています。修正のgcc日時点と4.5.xの上で積極的な警告を表示します。様々なチェックポイントが/修正プログラムを再起動します。一方での修正点、競合状態は、コードのロックを解除します。修正のオーバーサブスクリプション検出。
タグ: Major feature enhancements, Minor bugfixes
Replaces PLPA with Hwloc. Adds an OMPI_Affinity_str() user-level API function. Adds new mtl_mx_board/endpoint MCA params. Adds ummunotify support for OpenFabrics-based transports and bfo PML for network failover. Adds more FTB/CIFTS support. Adds ARM support. Updates ROMIO from MPICH2 v1.3.1. Adds Solaris support to the openib BTL. Adds Solaris-specific chip detection and performance improvements. Updates Voltaire FCA support. Fixes gcc 4.4.x and 4.5.x over-aggressive warnings. Various checkpoint/restart fixes. Fixes a race condition in the one-sided unlock code. Fixes oversubscription detection.

2010-10-11 17:55
1.5

Knemのサポートが追加されました。共有ライブラリのリンクのスタイルは、バージョン更新されました。ABIは、v1.4のシリーズから破損している。 MPIの集団オフロードのサポートが追加されました。 MPI_GET_COUNTは、大きな数で使用する場合は修正されました。非常に低いSRQ線の設定が使用されている場合であるOpenFabricsより安全に行われました。様々なFortranのバインディングが修正されました。 LSFの更新が行われた。様々なアセンブリコードの更新が近代的なプラットフォーム/コンパイラのために行われた。様々な* BSDの修正が行われた。組み込みlibeventはとVampirTraceが更新されました。様々なMS Windowsとカタマウントの修正が行われた。チェックポイントの多くは/修正が行われた再起動してください。 Xgridのサポートが削除されています。 pkgの- configのサポートが追加されました。
タグ: Minor bugfixes, Major feature enhancements
Knem support was added. Shared library versioning and linking style were updated; the ABI has been broken since the v1.4 series. Support for MPI collective offload was added. MPI_GET_COUNT was fixed when used with large counts. OpenFabrics was made safer if extremely low SRQ settings are used. Various Fortran bindings were fixed. LSF updates were made. Various assembly code updates were done for modern platforms/compilers. Various *BSD fixes were made. The embedded libevent and VampirTrace were updated. Various MS Windows and Catamount fixes were made. Lots of checkpoint/restart fixes were made. Xgrid support has been dropped. Pkg-config support was added.

2010-10-07 06:50
1.4.3

いくつかのFortranのバインディングの問題を修正。 LSFとBSDのを修正。様々なTHREAD_MULTIPLEレース条件および支払い期間*のmpirunのCLIの引数を修正します。コル調整動的なルールと>二ギガバイト変位片側xfersを修正します。ダーウィンTotalViewのための修正。 VS 2010のサポート。複数のVampirTraceに修正されています。間allgatherとmalloc(0)の警告を修正します。 127以上のapp_contextsとortedクラッシュの修正。 paffinityの必要性と64相互接続されたジョブの制限が削除されています。シングルトンはompiサーバーを使用することができます。ハンドルMXの初期化失敗。 PPC32アセンブリ内の不適切なブランチの修正。新しいIB HCAのベンダーIDを示します。
タグ: Minor bugfixes
Fixes problems with some Fortran bindings. Fixes for LSF and BSD. Fixes for various THREAD_MULTIPLE race conditions and -nper* mpirun CLI args. Fixes for coll tuned dynamic rules and one-sided xfers with >2GB displacement. A fix for TotalView on Darwin. Support for VS 2010. Multiple fixes for VampirTrace. Fixes for inter-allgather and malloc(0) warnings. A fix for an orted crash with more than 127 app_contexts. The need for paffinity and a limit of 64 interconnected jobs has been removed. Singletons can use ompi-server. Handles MX init failures. A fix for an incorrect branch in PPC32 assembly. New IB HCA vendor IDs.

プロジェクトリソース