ダウンロードリスト

プロジェクト概要

OpenIM は、Jabber サーバの Java 実装です。Jaba サーバー プロジェクトの完全な書き換えであり、Jabber サーバー サーバー通信プロトコルをサポートしています。また、プレゼンス、メッセージ、および名簿をサポートします。永続ストレージ XStream lib を使用して、XML ファイルで行われます。多くのクライアントと出エジプト記、Rhymbox、GAIM、Psi、Greenthumb、および、Kopete など、正常にテストされています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2004-04-19 01:52
1.2.1

何1.2.1RC1以降に変更しています。このバージョンでは、すべてのプラのパッチを含むサーバーの安定性を高める必要があります。また、FlashStreamsハンドラが含まれます。この修正プログラムの問題7(プラパッチ)。名簿リストのエンコーディングが設定可能です。もっといいの接続は、/処理(プラパッチ)を抜いてください。 FlashStreamsフラッシュクライアント(プラパッチ)を使用する必要があります。
タグ: Minor bugfixes
Nothing has changed since 1.2.1RC1. This version contains all Pra patches and should increase server stability. It also contains a FlashStreams handler. It fixes issue 7 (Pra patch). The encoding of the roster list is now configurable. There is better connection/disconnecting handling (Pra patch). FlashStreams should be used with the flash client (Pra patch).

2004-01-11 14:20
1.2

されると警告したが、バージョン1.1.2のアップグレードとして使用することはできませんこのバージョンの変更は、ユーザーが- managerのストレージのファイル形式、および。新しいユーザーマネージャは、まだ作業をする必要がありますように、新しいファイル形式のXMLファイルをクリアテキストを使用して完全なアップグレードを推奨します。 Apacheのアバロンマーリン3.2が必要になりました。また、このバージョンの修正いくつかのバグ、さらに信頼性の高いS2Sのソケットを使用しています。 XMLファイル形式ですぐにデータストレージ用の()XStreamのlibに使用されます。
タグ: Major feature enhancements
Be warned that this version changes the
users-manager storage file format, and cannot be
used as an upgrade of version 1.1.2. The new users
manager should still work, but a full upgrade is
recommended, as the new file format uses a clear
text XML file. Apache Avalon Merlin 3.2 is now
required. This version also fixes some bugs, and
provides more reliable S2S socket usage. An XML
file format is now used for data storage (using
XStream lib).

2003-12-08 17:12
1.1.2

この新しいバージョンの基本的なiqはサポートしています:iq』ブラウズ:検索、および。iq』:(ローカルファイル転送)機能のOOB。小さなバグiq』で固定されています:プライベートをサポートし、特に、流出を用いたストレージ機能をコアサーバーコードから分割されて、外部モジュールとして提供されるカスタムの開発者が実装できるようにする。 LDAPユーザの管理も、現在は主要なディストリビューションに含まれています。検索機能は、ワイルドカードや正規表現のクエリをサポートします。ユーザのログイン名を今すぐ)は、デフォルト(または、大文字と小文字は小文字です。
タグ: Minor feature enhancements
This new version supports basic iq:browse,
iq:search, and iq:oob (local file transfer)
features. Small bugs have been fixed in the
iq:private support, especially when using exodus.
Storage features have been split from core server
code, to be provided as an external module and to
allow custom developer implementations. LDAP user
management is also now included in the main
distribution. The search feature supports
wildcards or regexp queries. User login names are
now lowercase (or case insensitive) by default.

2003-10-31 13:00
1.1.1

このバージョンのバグ修正とコードのリファクタリングに良い成分の構造を生成する当てています。 S2Sのプロトコルが安定していると信頼性の高い。多くのクライアント、およびテストされているクライアントサーバーのサポート強化に貢献している。名簿サブスクリプションを真剣に改善されています。
タグ: Code cleanup
This version focuses on bugfixes and code refactoring to
produce a better component structure. The S2S protocol
is now stable and reliable. Many clients have been tested,
and have helped to enhance client server support. Roster
subscription has been seriously improved.

2003-10-12 23:27
1.1.1RC1

すべてのS2Sの接続の強力なリファクタリング/ dialbackプロトコルの実装では、今では、清潔で信頼性の高いコードベースです。そこは、サブスクリプションプロトコルには多くのバグ修正されます。 (ユーザの)記録されることがありますがvCardに、特定のエクソダス修正低/大文字のXML構文は、自動登録をサポートするよりエジプトのサポート、および登録解除をサポートしています。バイナリの配布が"Apacheアバロンマーリン"インストールするネットワークを介して提供されます。
タグ: Major bugfixes
Strong refactoring of all S2S connection/dialback protocol implementations, and there is now a clean and reliable code base. There are many bugfixes in the subscription protocol. There are specific Exodus fixes in VCARD lower/uppercase XML syntax, better Exodus support with autoregister support, and unregister support (the user must be logged in). Binary distribution is provided via an "Apache Avalon Merlin" network install.

プロジェクトリソース