ダウンロードリスト

プロジェクト概要

化学反応、乱気流、および固体力学、電磁気学、金融オプションの価格付けへの熱伝達を含む複雑な流体の流れから何かをシミュレートできます (フィールドを開く操作と操作) の流体解析ツールボックス OpenFOAM。多面体セルの 3 D 構造化されていないメッシュに帰される偏微分方程式系を解く有限体積法の数値を使用します。流体ソルバを他の連続力学ソルバーの代替技術を適用するが、堅牢な暗黙的、速度の圧力、反復ソリューション フレームワークの内で開発されています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-07-29 08:48
2.1.1

このリリースは、マイナーな改良とバグ修正を追加します。
タグ: Stable, Bugfixes, Enhancements
This release adds minor enhancements and bugfixes.

2012-03-30 21:41
2.1.0

このリリースでは完全に新しい、完全に並列化実装の任意のメッシュ インターフェイス、1 つのフェーズである分散した 2 つの圧縮性流体相の新しいソルバ、任意の数の分散しているが非圧縮のフェーズをシミュレートすることができます新しいオイラー-オイラー方程式の計算または"VoF"追加-解決、波、波の高さフィールド、および層流から乱流への遷移を受ける境界層の流れをシミュレートすることができます乱流モデルを近似する、非圧縮性ナビエ ・ ストークス ソルバー。
タグ: Stable, Enhancements, Bugfixes
This release adds a completely new, fully-parallelized implementation of the arbitrary mesh interface, a new solver for two compressible fluid phases where one phase is dispersed, a new Euler-Euler solver which can simulate any number of incompressible phases which may be dispersed or "VoF"-resolved, an incompressible Navier-Stokes solver which approximates waves through a wave height field, and a turbulence model which can simulate flow with a boundary layer which undergoes a transition from laminar to turbulent flow.

2011-04-03 17:30
1.7.1

多数の機能強化が行われました。それ以降の GCC コンパイラのサポートを修正しました。
タグ: Stable, Enhancements
Numerous enhancements were made. Support for newer GCC compilers was fixed.

2008-07-20 08:07
1.5

多くの新しいアプリケーションの混相流やキャビテーション、浮力の流れや熱伝達、高速の流れ、および分子動力学法を追加しました。新しいメッシュ生成ユーティリティは、分割を生成16メッシュの地表面形状からの細胞層は、柔軟なメッシュ改良の挿入を提供し、堅牢な表面処理が追加されました。いくつかの新機能が追加放射線モデリングを含むモデルライブラリに、ラグランジュ粒子追跡、分子動力学、および柔軟性のメッシュをスケーリングするためのメッシュのモーションソルバーの参照フレームの回転が行われた。
タグ: Major feature enhancements
Numerous new applications were added for multiphase flow and cavitation, buoyancy-flow and heat transfer, high speed flows, and molecular dynamics. A new meshing utility was added, which generates split-hex meshes from surface geometry and provides insertion of cell layers, flexible mesh refinement, and robust surface handling. Several new additions were made to model libraries, including radiation modelling, rotating frame of reference, Lagrangian particle tracking, molecular dynamics, and a mesh motion solver for flexible mesh scaling.

2007-08-09 20:34
1.4.1

このプログラムは現在、デフォルトでのopenmpiを使用します。コンバータ流暢形式OpenFOAMから、翻訳のサポートおよびOpenFOAMから、一般ユーザーが指定した形式に変換。新ソルバーの非圧縮性ニュートン流体を使用して追加されているか、または層流の流れ、および圧縮性流れのための新しい乱流モデルは乱流。メッシュの動きのソルバーと同様の速度の変位を含むように拡張されている。 scheme'の驚異的な特性'と高周波数モードを削除するに追加されました。並列コンパイルを改善しています。このプログラムは、Itanium2プロセッサの高速化を示し、非対称行列のサポートが改善されました。
タグ: Major feature enhancements
The program now uses OpenMPI by default. Converters support translation from Fluent format to OpenFOAM, and from OpenFOAM into a generic user-specified format. New solvers have been added for incompressible Newtonian fluids, with either turbulent or laminar flows, and new turbulence models for compressible flows. Mesh motion solvers have been extended to include displacement as well as velocity. A scheme was added to remove high frequency modes with ‘staggering’ characteristics. Parallel compilation has improved. The program shows a speedup on the Itanium2 processor, and support for asymmetric matrices was improved.

プロジェクトリソース