ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

オクルス サーバー モニター情報をエクスポートするサーバーに接続するすべてのクライアントに、プレーン テキスト、人間の読み取り可能なプロトコルを使用します。コマンド、XML 形式の構成ファイル、および IP ベースのアクセス制御のためのプラグイン システムをサポートします。オクルス デーモン InterfeacE Odie はその状態のホストの一覧をポーリングして、豊富な Web アプリケーションです。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-09-28 07:07
0.18

コマンド関数のプロトタイプが変更されているが、今も接続ポインタを構造体かかります。このように、コマンドハンドラは、接続するクライアントのほとんどを知っている。 '警報'は、クライアントのIPアドレスとクライアントで設定することができるのUIDから成る一意のIDと、その刻々と変化するIDを変更してプラグインです。このようにするには、複数のアラームの設定を防ぐことができます。
タグ: alarms, Minor feature enhancements
The command function prototype has changed; it now also takes a struct connection pointer. This way, the command handler knows a little of the client connected. The ‘alarm’ plugin changed its ever-changing ID to a unique ID consisting of the client’s IP address and a UID that can be set by the client. This way, you can prevent the setting of multiple alarms.

2010-09-14 07:57
0.17

このリリースでは、誤設定のいくつかのサーバがクラッシュが修正されます。これは、ハード、彼らが属しているアクション、イベントからの引数を符号化移動(これは設計ミスでした)。
タグ: Major bugfixes
This release fixes some server crashes on misconfigurations. It moves hard-coded arguments from events to actions, where they belong (this was a design mistake).

2010-08-27 07:15
0.16-2

これは、RPMの互換性リリースです。それが今は/ usr / localではなく/ usrにインストールされます。
タグ: Compatibility, Minor bugfixes
This is an RPM compatibility release. It now installs in /usr instead of /usr/local.

2010-08-26 07:27
0.16.1

これは、CentOSの互換性リリースです。これは、ライブラリの- fPICオプションフラグを追加して、Makefile.config修正されています。これは、/ Makefileの設定が修正されます/ Makefileのプラグインを修正し、'cp'はにUbuntu固有の- iオプションを削除します。
タグ: Minor bugfixes, Compatibility
This is a compatibility release for CentOS. It fixes Makefile.config, adding the -fPIC flag for libraries. It fixes config/Makefile, fixes plugins/Makefile, and removes Ubuntu-specific -i options to 'cp'.

2010-08-13 07:19
0.16

このリリースでは、今では指定されたイベントをプラグインにアクションを接続することができる新しいイベントシステムを実装しています。これは非常に多彩なoculusdことができます。すべてのイベントは、1つまたは複数のアクションに接続することができます。
タグ: actions, Major feature enhancements, Events
This release implements the new event system, which is now able to connect actions to plugin-supplied events. This makes oculusd extremely versatile. Any event can be connected to one or more actions.

プロジェクトリソース