ダウンロードリスト

プロジェクト概要

ObjectBoxは Javaで書かれた o:XMLコンパイラとインタプリタです。o:XMLは完全なオブジェクト指向プログラミング言語であり、多重継承、関数オーバロード、再帰的プロシージャ、その他を備えています。その構文はわかりやすく直感的な XMLです。また、XPathをモデルとした拡張可能な式言語という特徴もあります。ObjectBoxは言語の完全な実装であり、包括的な Java言語拡張、データベースとサーブレットのサポート、Struts統合、他を追加します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-03-26 03:37
1.1.7

Spring 2.0のフレームワークとの統合。 oの作成のための許可:XMLの豆春2.0インチXMLスキーマの構成をサポートする完全な統合、および能力をミックスし、Beanの検索結果:図書館:XMLやJavaは、JRubyやGroovy、BeanShellの等
タグ: Major feature enhancements
Integration with the Spring 2.0 framework. Allows for the creation of o:XML beans in Spring 2.0. Full integration with support for XML schema configuration, and the ability to mix and match beans: o:XML, Java, JRuby, Groovy, Beanshell, etc.

2007-03-14 21:01
1.1.6

このリリースでは、異なるSQL方言の代替のSQLコマンドを提供する機能を追加します。デシベル:結果パラメータは、SQL型のマッピングを使用するように更新されている。要素のサブタイプに生成されたノード()関数は、簡単に、自動オブジェクトシリアライゼーションのために追加されている。図書館:for - eachを反復処理中に、コンテキストの位置を維持するために更新されています。 SMLとSMLマクロのサポートが改善されている。あるバグの修正および改善パフォーマンスとユーザビリティにあります。
タグ: Major feature enhancements
This release adds functionality to provide alternate SQL commands for different SQL dialects. db:result parameters have been updated to use SQL-type mappings. A generated nodes() function for Element subtypes has been added for quick, automatic object serialisation. o:for-each has been updated to maintain the context position during iteration. Support for SML and SML macros has been improved. There are bugfixes and improvements to performance and usability.

2006-05-03 09:43
1.1.5

SML(ショートMarkup Language)はパーサの統合されました。単位での自動テストテスト統合されました。新しいドキュメント(HTMLとはDocBook XML)ジェネレータは、新しいスタックと入力し、新しいユーザー定義のオブジェクトデシベル指向データベース関数:関数が追加されました。バグ修正されたの。o:libに1.1.5が含まれます。
タグ: Major feature enhancements
An SML (Short Markup Language) parser was
integrated. Automatic testing with unit-tests was
integrated. A new documentation (HTML and DocBook
XML) generator, a new Stack type, and new
user-defined, object-oriented database functions
with db:function were added. Bugs were fixed.
o:Lib 1.1.5 is included.

2006-02-02 06:41
1.1.4

重複型宣言のコンパイル時のチェックが追加されました。関数を終了する(文字列、文字列):ブールはString.charCodeAt(番号):番号、形式番号(数字、パターン)、Number.format(パターン)、およびList.clear()が追加された。デフォルトの名前空間の宣言の出力を修正しました。プログラムの種類のパラメータのスコープを修正しました。生成された関数は静的に変更された。 (出力)のencoding属性ObjectBox Antタスクに追加されました。リリースには、oの新しいバージョン1.1.4:libに含まれています。
タグ: Minor feature enhancements
A compilation check for duplicate type declarations was added. The functions ends-with(String, String) : Boolean, String.charCodeAt(Number) : Number, format-number(num, pattern), Number.format(pattern), and List.clear() were added. The output of default namespace declarations was fixed. Program type parameter scoping was fixed. The generated functions were changed to be static. An (output) encoding attribute was added to ObjectBox Ant task. The release also includes the new version 1.1.4 of o:Lib.

2005-09-13 00:17
1.1.3

最新のリリースで修正さメモリリークとパフォーマンスの問題。
タグ: Minor bugfixes
The latest release fixes a memory leak and performance problem.

プロジェクトリソース