ダウンロードリスト

プロジェクト概要

nmdbはそのクライアントと通信するために、複数のプロトコルを使用することができますネットワークデータベース(dbm形式)です。TIPC、TCP、UDP、およびSCTPは現在サポートされています。それは、(キー、値)のペアを保存し、インメモリキャッシュ、ディスク上のペアを格納する永続的なバックエンドで構成されています。の組み合わせで動作しますが、バックエンドの使用の両方が省略可能であるので、memcachedのような、唯一のクエリをキャッシュするためのサーバを使用することができます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-10-11 08:05
0.23

いくつかのパフォーマンスの向上は、TDBのバックエンドが追加された、サーバー内のすべてのキーが追加されましたを反復処理する方法が行われたマイナーなバグ修正があります。
Several performance improvements were made, a tdb backend was added, a method to iterate through all the keys in a server was added, and there are minor bugfixes.

2009-03-03 09:12
0.22

統計情報をエクスポート、アプリケーションtokyocabinetをサポートし、Pythonで3バインディング、および追加されたマイナーなバグを修正されて実装されて追加されました。
タグ: Minor feature enhancements
A statistics export application was added, tokyocabinet support was implemented, Python 3 bindings were added, and minor bugs were fixed.

2007-09-02 14:38
0.21

ルビー、Bigloo方式は、Haskellのバインディングが追加された。のBerkeleyDB用のオプションのサポートが追加されました。"インクリメント"操作原子実装されました。サポートSCTPプロトコルを追加しました。ロギングのサポートを実装しました。いくつかの非致命的なバグが修正されました。
タグ: Major feature enhancements
Ruby, Bigloo Scheme, and Haskell bindings were
added. Optional support for BerkeleyDB was added.
An atomic "increment" operation was implemented.
Support for the SCTP protocol was added. Logging
support was implemented. Several non-critical bugs
were fixed.

2007-06-24 14:27
0.20

TCPおよびUDPのサポートが実装されました。比較とスワップ操作を追加しました。 DとNewLispバインディングが追加された。をテストします。パフォーマンス拡張され、改善されたドキュメントが更新されました。
タグ: Major feature enhancements
TCP and UDP support was implemented. The
compare-and-swap operation was added. D and
NewLisp bindings were added. Tests were extended.
Performance was improved and the documentation was
updated.

2007-01-09 09:51
0.11

分散クエリは、現在の両方のCライブラリとは、Pythonモジュールでサポートされます。 '、パフォーマンスが向上だったと思う。キャッシュコード内のバグが修正されました。 Pythonのモジュールは、現在、任意のオブジェクト(自動洗)の格納をサポートします。ユーザガイドが追加されました。
タグ: Major feature enhancements
Distributed queries are now supported in both the C library and the Python module. 'get' performance was improved. A bug in the cache code was fixed. The Python module now supports storing of arbitrary objects (automatic pickling). A user guide was added.

プロジェクトリソース