ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Nmap("Network Mapper")は、ネットワークの探索、管理及びセキュリティ監査のためのユーティリティです。これは、オンラインで利用できるホスト(ホスト検出)、オープンしているTCP/UDPポート(ポートスキャン)、並びに各ポートにおいてリッスンしているアプリケーションやサービス(バージョン探知)を決定するための新しい方法で、IPパケットを利用します。TCP/IPフィンガープリント法により、リモートのホストOSとデバイスを識別することもできます。Nmapは、フレキシブルなターゲットとポート指定、ファイアウォールやIDS回避のためのデコイ/ステルス・スキャン、並びに高速スキャンのために高度に最適化されたタイミング・アルゴリズムを提供します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-01-29 18:59
5.50

パケットがプローブ解析ツールが追加されましたNping。 Nmapのスクリプトエンジンが強化され、多くの新しいNSEのスクリプトとライブラリが追加されています(新しい合計は177と54は、それぞれです)。多くのOSの指紋やバージョン検出シグネチャは2982と7319、それぞれの合計をもたらし、追加されています。 Zenmap GUIが高速化されているときは、巨大な企業ネットワークを扱ういくつかの新しい機能は、それは(スクリプトの選択インターフェイス、印刷のサポート、およびそれ以上)に追加されました。
タグ: Stable
Nping packet probing and analysis tool has been added. Nmap Scripting Engine has been enhanced, and many new NSE scripts and libraries have been added (the new totals are 177 and 54, respectively). Many OS fingerprints and version detection signatures have been added, bringing the totals to 2,982 and 7,319, respectively. Zenmap GUI has been made faster when handling giant enterprise networks, and some new features have been added to it (script selection interface, printing support, and more).

2007-12-13 13:46
4.50

320の重要な変更は、zenmapのクロスプラットフォームのGUIで、第2世代のOSの検出システムでは、Nmapのスクリプトエンジンは、書き換えるホスト発見システムは、パフォーマンスの最適化などに、traceroute機能は、TCPとIPのオプションをサポートし、高度な、ほぼ1500の新しいバージョンを作られた検出シグネチャ。これは推奨されている現在のすべてのユーザーにアップグレードします。
タグ: Major feature enhancements, Stable
320 important changes were made, including the Zenmap cross-platform GUI, a 2nd generation OS detection system, the Nmap Scripting Engine, a rewritten host discovery system, performance optimizations, advanced traceroute functionality, TCP and IP options support, and nearly 1500 new version detection signatures. It is recommended that all current users upgrade.

2006-12-08 13:08
4.20

この安定したリリースでは、過去6カ月間で13開発版リリースから多くの改善を盛り込んで。これらはより速く、より正確なIPオプションのため、サポート(ソースルーティング、レコードのルートは、第2世代のOSの検出システムなどなど)のみを開いているポート、バージョン検出データベースの更新が、より詳細なXML出力を表示する-オープンオプション、およびバグ修正多数。
タグ: Major feature enhancements, Stable
This stable release incorporates many improvements
from 13 development releases over the last 6
months. These include a second generation OS
detection system that is faster and more accurate,
support for IP options (source routing, record
route, etc.), an --open option for showing only
open ports, version detection database updates,
more detailed XML output, and dozens of bugfixes.

2006-06-28 23:01
4.11

このリリースでは、より詳細なSSHのバージョン検出シグネチャ多数含まれています。また、Nessusはデーモンを検出します。いくつかのバグは、SolarisやHPなどの固定された- UXのコンパイルの問題です。
タグ: Minor feature enhancements, Stable
This release includes dozens of more detailed SSH version detection signatures. It also detects the Nessus daemon. Several bugs were fixed, including Solaris and HP-UX compilation problems.

2006-06-13 13:02
4.10

このリリースの新機能とバグ修正の福袋です。 300署名は、バージョンの検出データベースには、最大3441には合計(円)401プロトコルを表す追加されました。出力のためには、ホストの両方の状態を閉鎖し、フィルタリングのポート数千人が殺到されていない複数のコンソールを無視ポートの状態を許可するように簡素化されました。 ICMPのレート制限を検出高速スキャン用に最適化された。また、その他のバグ修正とマイナーな機能追加が数十人いた。
タグ: Major feature enhancements, Stable
This release is a grab bag of new features and bugfixes. 300 signatures were added to the version detection database, bringing the total up to 3,441 (representing 401 protocols). Output was streamlined to allow multiple ignored port states so your console isn't flooded when a host has thousands of ports in both the filtered and closed states. ICMP rate limiting detection was optimized for faster scanning. There were also dozens of other bugfixes and minor feature additions.

プロジェクトリソース