ダウンロードリスト

プロジェクト概要

NASMは移植性とモジュールのために設計された80x86アセンブラです。オブジェクトファイルのフォーマットはLinuxのa.out、ELF、COFF、Microsoft 16ビットOBJの、Win32/64、AppleマッハOの範囲をサポートします。出力はプレーンなバイナリファイルです。その構文は単純で理解しやすいよう、Intelのものに似ていますがそれより複雑にならないよう設計されました。現在知られている全ての命令、進んだマクロ機能をサポートします。それだけでなく逆アセンブラが含まれます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-07-20 17:35
2.07

これは、2節()はBSDライセンスの簡素化の下の最初のリリースです。このリリースでは、サポート、および機能に直接インテル16進またはS -レコードを生成する64ビットのMach - O形式(Mac OS Xの)を追加しますが、それ以外は、主にバグ修正リリースです。
This is the first release under the 2-clause (simplified) BSD license. This release adds 64-bit Mach-O (Mac OS X) support and the ability to generate Intel hex or S-records directly, but is otherwise primarily a bugfix release.

2009-06-30 13:12
2.06

このリリースでは、インテルメーカーリビジョン5とAMD XOP/FMA4/CVT16リビジョン3.03のサポートが追加されます。プリプロセッサは、ELFすぐにバックエンドのスレッドローカルストレージをサポートし、多数のバグが修正されて、新しい間接的なマクロの拡張機能があります。
This release adds support for Intel AVX revision 5 and AMD XOP/FMA4/CVT16 revision 3.03. The preprocessor has a new indirect macro expansion feature, the ELF backends now supports thread-local storage, and a number of bugs have been fixed.

2008-10-30 08:49
2.05.01

このリリースで修正さ-W/-wの解析(警告の有効/無効にするオプション)は、2.05で壊れていた。これは、厳密には、パッチのリリースです。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes the parsing of the -W/-w (warning enable/disable) option, which was broken in 2.05. It is strictly a patch release.

2008-10-24 13:31
2.05

このリリースでは、ELF64の仕様に準拠するため、バックエンドの大規模なオーバーホールをしています。これは修正RIPの不正なオフセットが、即時実施の手順では、%の整列ディレクティブでは、バグの取り扱い相対アドレス指定マクロ内のディレクティブを含めると、不正なパターンが命令のほんの一握り。
タグ: Major bugfixes
This release includes a massive overhaul of the ELF64 backend for spec compliance. It fixes incorrect offsets in RIP-relative addressing in immediate-carrying instructions, bugs in the ALIGN directive, the handling of the %include directive inside macros, and a handful of instructions that had incorrect patterns.

2008-09-26 13:04
2.04

これは主にバグ修正リリースです。特に、一度終了する必要がすべての異常が前方参照が導入されたときに、パススルーに限る。これは、プリプロセッサを中心にいくつかの新しい機能を導入しません。これはパックBCDとUTF-16/UTF-32定数をサポートします。また、スマート"の配置、パディング、最適化されたコードをバイパスする地域"のサポートを追加します。
タグ: Major bugfixes
This is primarily a bugfix release. In particular, it should end once and for all abnormalities introduced by forward references when pass-limited. It does introduce some new features, mostly in the preprocessor. It adds support for packed BCD and UTF-16/UTF-32 constants. It also adds support for "smart" alignment, padding the bypassed region with optimized code.

プロジェクトリソース