ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

MUSCLE (Multi User Server Client Linking Environment)は、N方向メッセージング・サーバとネットワークAPIです。これは、C、C++、C#、Delphi、Java及びPythonといった様々な言語のためのクライアント側APIもあります。MUSCLEは、シリアライズ化されたメッセージ・オブジェクトのストリームを解したネットワーク上でプログラム間を通信させます。含まれているサーバ・プログラム("muscled")は、各クライアントとメッセージのやり取りをし、サーバ側の階層データベースに情報を格納します。データベースは、階層的なワイルドカードによるフレキシブルなクエリと、subscription(予約購読)メカニズムによる"ライブ"更新をサポートしています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-02-04 14:37
5.67

マイナーなバグを修正しました。メッセージ クラスのメモリ使用量は少し削減、zlib エンコーディング送信圧縮メッセージ オブジェクトのよりよい制御を提供し、(GetItemPointer())。 メソッドが非推奨のキューを削除
Minor bugs were fixed. Memory usage of the Message class was reduced a bit, better control over the zlib-encoding of outgoing compressed Message objects was provided, and a deprecated Queue method was removed (GetItemPointer()).

2012-01-07 06:47
5.66

このバージョンは、出力キューの現在のバイト数を追跡するゲートウェイ サブクラスのカップルを追加します ReflectServer クラスには、追加のコールバックのカップルを追加し、いくつかのマイナーなバグを修正します。
This version adds a couple of gateway subclasses that keep track of the number of bytes currently in their output queues, adds a couple of additional callbacks to the ReflectServer class, and fixes a couple of minor bugs.

2011-12-23 22:38
5.65

このリリースの SocketMultiplexer クラス、BSD の kqueue()/kevent() では、ベースし、Linux の epoll() に基づく 2 つ以上の実装を追加します。
This release adds two more implementations of the SocketMultiplexer class, one based on BSD's kqueue()/kevent(), and another based on Linux's epoll().

2011-12-14 12:17
5.64

このリリースは、select() と poll() を簡単より一貫性のある API の背後にあるの詳細を非表示にする SocketMultiplexer クラスを追加します。それはまたがローカルに作成されたメッセージと呼ばれると誤った結果を返すに FlatCountableRef 参照オブジェクトを含むことができます Message::FindFlat() でのバグを修正します。
This release adds a SocketMultiplexer class which hides the details of select() and poll() behind a simpler and more consistent API. It also fixes a bug in Message::FindFlat() which could cause it to return incorrect results when called on locally-created Messages containing FlatCountableRef-referenced objects.

2011-12-02 12:02
5.63

このリリース poll() 選択の代わりにループは、イベントの ReflectServer を基にオプションのサポートを追加します。また、ソケット ペア、スレッド クラスのオプションがキュー クラスには、新しい方法のカップルを追加し、マルチキャストの API を既定で有効にします。
This release adds optional support for basing the ReflectServer event loop around poll() instead of select. It also makes the socket-pair in the Thread class optional, adds a couple of new methods to the Queue class, and makes the multicast API enabled by default.

プロジェクトリソース