ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

muhttpd (mu HTTP デーモン) はポータブルの ANSI C で書かれた、単純で完全な Web サーバーです。静的なページ、CGI スクリプト、および MIME タイプに基づいてハンドラーをサポートしています。すべての接続を受け入れる前に特権を削除し、受信した要求をログすることができます。OpenBSD の GNU/リナックス、NetBSD [/projects/freshmeat_freebsd/ FreeBSD]、Mac OS X、Cygwin でテストされています。それほとんど、エンディアンとビッグ エンディアン システム 64 ビット、32 ビットで正常に実行されません。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-12-02 22:46
1.1.5

webrootをディレクティブを修正しました。 3つのリソースリークが修正されました。エスケープシーケンスのサポートは、設定ファイルのパーサーには、許可に追加されたスペースを他のものの間でファイル名。コードの整理の番号に行われた。 muhttpdこれだけの機能では、Single Unix Specificationには、バージョン2に依存します。
The webroot directive was fixed. Three resource leaks were fixed. Support for escape sequences was added to the configuration file parser, allowing filenames with spaces, among other things. A number of code cleanups were done. muhttpd now only depends on features in the Single Unix Specification, Version 2.

2009-11-18 07:13
1.1.4

以前のバージョンのファイルシステム上で任意のファイルへのアクセスを、ファイルシステムのアクセス許可を受けること。ただし、両方のシンボリックリンクとハードリンクは、他のファイルにアクセスするために使用することができますこれは今だけのファイルに設定済みのWebディレクトリの下に制限されます。は、Connection:ヘッダが正しいスペル(以前のバージョンでは込み、スペルが放出される:)。
タグ: Bugfixes
Previous versions allowed access to any file on the filesystem, subject to filesystem permissions. This is now restricted to only files under the configured Web directory, although both symlinks and hard links can still be used to access other files. The Connection: header is now emitted with correct spelling (earlier versions spelled it Conection:).

2009-10-03 17:29
1.1.3

マイナーな修正プログラムに#includeディレクティブおよびドキュメントが含まれます。
Minor fixes to #include directives and documentation.

2006-02-23 02:58
1.0.7

修正OpenBSDでIPアドレスのログ。をフラッシュは、exec(2)のエントリがログファイルにそれを作ることを確認する呼び出す前に、ログファイル。ログファイルには標準エラー出力に接続するスクリプトからのエラーが記録されます。
タグ: Minor bugfixes
Fixes logging of IP addresses on OpenBSD. Flushes the log file before calling exec(2) to make sure entries make it to the log file. Connects standard error to the log file so errors from scripts are logged.

2006-02-18 13:08
1.0.6

URLデコードはそれらの文字は%のエスケープが正しくデコードされないとのバグが修正されました。小さな改善は、configureスクリプトがなされた。
タグ: Major bugfixes
A bug in the URL decoding where % escapes with letters in them would not be decoded correctly was fixed. Small improvements were made to the configure scripts.

プロジェクトリソース