ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

mojoPortal は、クロスプラット フォーム オブジェクト指向 Web サイト フレームワークです。フロント エンドはバックエンドの PostgreSQL, MySQL、Firebird、SQLite および MS SQL をサポートしています。コンテンツ管理システム、フォーラム、ブログ、フォト ギャラリー、ニュースレター、世論調査、アンケート、イベント カレンダー、RSS アグリゲーターとスキン デザインが含まれています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-04-23 23:44
2.3.0.1

最新の機能は、機能ごとに、ブログやHTMLのwiki()のようにすると、エディタに任意のバージョンを復元できますが、編集を維持する提供するコンテンツのバージョン履歴、などがあります。 Live MessengerのWeb Toolkitを使用して追加されたチャット機能。内蔵ウープラAnalyticsのトラッキングのための統合で追加されました。 PlugNPay支払いゲートウェイWebStore機能が追加されました。
タグ: Stable
The newest features include content version history, which provides the ability to keep every edit in the blog or HTML (like a wiki) so you can restore any version to the editor. A chat feature was added using the Live Messenger Web Toolkit. Built-in integration for Woopra Analytics tracking was added. A PlugNPay payment gateway was added in the WebStore feature.

2008-11-25 03:30
2.2.7.9

このリリースでは、複数の新しいオプション-サイトのインストールユーザとサイト間での役割の1つのセットを使用して追加されます。自動301新しいURLに変更のページを、手動で管理するための301リダイレクトマネージャのリダイレクトにリダイレクトします。
This release adds a new option for multi-site installations to use a single set of users and roles across sites. Automatic 301 redirects for renamed pages with new URLs, and a 301 Redirect Manager for manually managing redirects.

2008-05-13 18:11
2.2.5.4

このリリースでは21個の新しいスキンが含まれます。
This release includes 21 new skins.

2008-01-25 22:18
2.2.4.6

このリリースニュースレターは、Google Maps、世論調査、アンケート、Firebirdのサポート、OpenIDのサポート、およびWindows Live IDをサポートしています。
This release has a newsletter, Google Maps, polls, surveys, Firebird support, OpenID support, and Windows Live ID support.

2007-06-25 19:52
2.2.2.8

mojoPortal 2.xを今すぐMono上なので、1.xの退職されているmojoPortal動作します。新機能のマルチサイトをサポートし、フォルダまたはホスト名に基づいています。エディタプロバイダモデルの両方FCKeditorヘルプとTinyMCEをサポートしています。このリリースではマークアップの意味とCSSの組織を改善しています。
タグ: Major feature enhancements
mojoPortal 2.x now works on Mono, so mojoPortal 1.x is being retired. New features include multi-site support based on folders or host names. The editor provider model has support for both FCKeditor and TinyMCE. This release has improved markup semantics and CSS organization.

プロジェクトリソース