ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

鉄道模型のシステムは、あなたの鉄道を実行するのに役立つことができるソフトウェア·パッケージです。それはあなたの信号とスイッチを作業に列車を実行してから、あなたのレイアウトを操作することができます。それはサポートしています ブルースチャブCMR /私USIC、SUSIC、および/またはSMINIノード、および/またはレンツのXPressNet DCCのノードのネットワークのネットワークである。 Azatrax USB接続モデル鉄道探知機がサポートされています。 貨車転送用スイッチ·リストを作成し、鉄道の時刻表を作成するためのソフトウェアが含まれています。あなたの列車を撮影を支援するために、LEDおよび/または白熱灯のためのそれらの厄介な落下抵抗の正しい値を計算するソフトウェアがあります。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-01-13 07:21
2.1.29b

このリリースは、小型の条件付きコンパイル エラーを修正します。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes a small conditional compilation error.

2012-01-07 07:37
2.1.29a

このリリースは、MRD ライブラリのベンダー ID を更新します。
タグ: minor update
This release updates Vendor ID for the MRD library.

2011-12-19 11:53
2.1.29

このリリースのサポート Azatrax MRD2 S および MRD2-U を追加します。これらの USB に接続された赤外線検出器、MRD2 S は人出モーターまたは信号で動作するリレーを含みます。MRD サポート ライブラリ クロス - Win32 MinGW32 下のビルド。ライブラリは、libusb 1.0 API を使用します。これらのデバイスについての詳細は、Azatrax のウェブサイトで入手可能です。このリリースでは、また libusb 1.0 API を使用するには、RailDriver コードを変換します、いくつかのマイナーなバグ修正を行った。
タグ: Minor bugfixes, Feature Enhancements, MS-Windows, Linux
This release adds support for Azatrax MRD2-S and MRD2-U. These are USB-connected IR detectors, with the MRD2-S including relays to operate turnout motors or signals. The MRD support library cross-builds for Win32 under MinGW32. The library uses the libusb-1.0 API. More information about these devices is available at Azatrax's website. This release also converts the RailDriver code to use the libusb-1.0 API and fixes some minor bugs.

2011-05-20 05:45
2.1.28

このリリースでは、レポートを生成するときに、セグメンテーション違反が発生ReadStationsに問題が修正されています。これは、コードをinternationalizes。これは、更新RPMのspecファイルベンダー定義を含めることができます。
タグ: Bugfixes, new features
This release fixes a problem with ReadStations that caused a segmentation fault when generating reports. It internationalizes the code. It updates the RPM spec file to include a vendor definition.

2011-02-02 07:07
2.1.27

このリリースでは、/ CMRにエラーを修正するディスパッチャ(不足している引数のエラー)によって生成されるIコード。これは、Dispatcherにメニュー項目としてラップを追加します。これは、Dispatcherは、それが生成するCTCのパネルのプログラムのStarPackバージョンを作成することができます。これらのStarPackのバージョンは、任意のコードを追加インストールすることなく、ターゲットシステム上で実行することができる自己完結型、スタンドアロンのネイティブな実行可能プログラムです。 TclパッケージライブラリのAPIドキュメントに関連するビルドエラーが修正されました。このリリースでの更新はセクション1のマニュアルページとセクション1のマスターのmanページを作成します。
タグ: Documentation Updates, Minor feature enhancements, Minor bugfixes
This release fixes an error in the CMR/I code generated by Dispatcher (missing argument error). It adds a Wrap As menu item to Dispatcher. This allows the Dispatcher to create StarPack versions of the CTC Panel programs it generates. These StarPack versions are self-contained, standalone native executable programs that can be run on the target system without having to install any additional code. A build error relating to the API documentation for the Tcl package libraries has been fixed. This release updates the section 1 man pages and creates a master man page for section 1.

プロジェクトリソース