ダウンロードリスト

プロジェクト概要

mntd は、オート マウント ・ デーモンと自動マウント USB スティック、コンパクト フラッシュ カード、または他 Linux カーネル 2.4.x および 2.6.x のマウント可能なデバイスなどの hotplug デバイスのために書かれた共有ライブラリ。のみホットプラグ デバイスのプラグインし、は少し待ってする必要があります。デバイスがマウントされ、マウント解除されたときに通知するユーザー モードのプログラム用のライブラリを使用できます。それは、デバイスの変更を取得するのに今 devfs を使用します。いいえ必要な hal と udev 以上。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-03-30 14:20
0.5.0

udevをサポートして再度追加されました。ディレクトリのパーミッションのバグを修正しました。新しいディレクトリ構造を短いパスに実装されました。新しいコマンドラインオプションをpidfileのために追加されました。 coldplugをサポートしていくつかの種類が追加されました。
タグ: Major feature enhancements
udev support was added again. A directory
permission bug was fixed. A new directory
structure was implemented for shorter paths. A new
commandline option was added for pidfile. Some
kind of coldplug support was added.

2004-08-29 04:35
0.4.2

このリリースでは、configファイルに多くのオプションを追加します。切断した場合今のdbus再接続します。セキュリティ修正プログラムは、configファイルからオプションのエスケープが追加される。メモリリークが修正されました。 SIGHUPシグナルのシグナルハンドラが実装されました。
タグ: Major bugfixes
This release adds more options to the config file. It now
reconnects to dbus if disconnected. A security fix was added
that will escape options from the config file. Memory leaks
were fixed. A signal handler for SIGHUP was implemented.

2004-07-31 22:30
0.4.1

デーモンにシャットダウンします場合は、dbusのからの実行時に切断されます。をumountし、killallはコマンドは、コンパイル時に設定することができますマウント用のバイナリへのパスです。デバイスの場合でも、プロセスによってアクセスがマウント解除されます。場合、dbusの利用されているデーモンを起動しません。libmntでコールバックdbusのから切断された信号のために追加されました。いくつかのコードのクリーンアップが行われました。
タグ: Major bugfixes
The daemon will shutdown if it is disconnected
from DBUS at runtime. The path to the binaries for
the mount, umount, and killall commands can be
configured at compile time. Devices will be
unmounted even if accessed by processes. The
daemon will not start up if DBUS is unavailable.
A callback in libmnt was added for disconnected
signals from DBUS. Some code cleanup was done.

2004-07-11 23:00
0.4.0

ある文書にはマイナーなHTMLのバグです。 freshmeat.feedスクリプトが追加されている。 udevdとhaldコードが削除されているが、今devfsdの必要があります。カーネル2.4のサポートが追加されている。 'mntsend'プログラム(devfsdのから呼ばれる)が追加されています。 2.4カーネル用のドキュメントが追加されています。各ファイルシステムタイプのオプション、および()/ libmnt用()メソッドをremount_rw remount_rd。外部のバイナリファイルにパスし(mount / umount / killallは)今AC_PATH_PROGから取られます。 libmnt.hインストールされます。 Gentoo ebuildをダウンロードディレクトリに追加されています。
タグ: Major feature enhancements
There is a minor HTML bugfix in the documentation. A freshmeat.feed script has been added. udevd and hald code has been removed; it needs devfsd now. Support for kernel 2.4 has been added. An 'mntsend' program has been added (called from devfsd). Documentation for the 2.4 kernel has been added. There are options for each filesystem type, and remount_rd()/ remount_rw() methods for libmnt. The path to external binaries (mount/ umount/killall) is now taken from AC_PATH_PROG. libmnt.h is installed. A Gentoo ebuild has been added to the download directory.

2004-06-14 23:31
0.3.5

デーモンとして実装されています。そこは、インストール手順のドキュメントの更新です。ようこそ、新しいコマンドラインパラメータですがq()は、デーモンが終了します。 pidファイルに書き込まれます。シグナルハンドラはSIGQUIT、SIGINTシグナルは、SIGABRTのはSIGTERMを終了し、デーモンを引き起こすためには、TTYからデタッチできます。
タグ: Major feature enhancements
daemonize has been implemented. There are documentation updates in the installation instructions. There is a new command line parameter -q (quits the daemon). A pidfile will be written. The signal handler allows SIGTERM, SIGQUIT, SIGINT, and SIGABRT to cause the daemon to quit, detaching from the TTY.

プロジェクトリソース