ダウンロードリスト

プロジェクト概要

mkvtoolnix はユーザーに関する情報を表示、ストリームからの抽出に、複数のストリームをマージ、Matroska メディア ファイルを分割できるようにするツールのセットです。サポートされているビデオ ストリームのタイプがありますエイビス、OGG/OGM、!RealVideo、MP4 ファイルからのストリームと mpeg のプログラムと同様に各種エレメンタリ ・ ストリーム (MPEG1/2、VC1、ディラック h264/AVC) をご利用いただけます。サポートされるオーディオ フォーマットは、AAC、AC3 の (E)、DTS DTS-HD、[/projects/flac/ FLAC]、MP2、MP3、!RealAudio、および Vorbis などがあります。SRT、SSA、お尻、!VobSub、および多くの他を含むいくつかの字幕フォーマットをサポートします。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-21 11:33
6.0.0

新しい MP4 ファイル、および追加のコマンドライン オプション mmg で既定のオプションとして保存する機能から VobSubs を読んでフレーム/フィールド番号で分割する、章番号で分割、フレーム/フィールドの数字の部分に分割する FlashVideo ファイル形式用のリーダーが備わっています。ヘッダーの除去の圧縮は、オフになっています。バグ修正は、すべての場所で行われています。
タグ: Minor bugfixes, Major feature enhancements
New features include a reader for the FlashVideo file format,
splitting by frame/field numbers,
splitting by chapter numbers,
splitting into parts by frame/field numbers,
reading VobSubs from MP4 files,
and the ability to save additional commandline options as default options in mmg.

Header removal compression has been turned off.

Bugfixes have been done all over the place.

2012-03-11 08:44
5.4.0

処理コード AVC/h.264 タイムコードは、完全に書き換えられています。ユーザーを指定するのにはない-既定時間/FPS ようなトラックを今はもう。(E) AC3 コード完全に、いくつかの問題を修正する書き換えられています。ファイルの種類の検出コードは、いくつかのファイル形式の改善されています。MicroDVD 字幕は、現在はサポートされていないファイル形式として認識されます。"-既定時間」オプションと mmg の [FPS] フィールドは「25 p」または「50i」のような値を扱うことができます。
タグ: minor bug fixes, Major feature enhancements
The AVC/h.264 timecode handling code has been completely rewritten. Users do not have to specify the --default-duration/FPS for such tracks anymore. The (E)AC3 code has been completely rewritten, fixing several issues. The file type detection code has been improved for several file formats. MicroDVD subtitles are now recognized as an unsupported file format. The "--default-duration" option and mmg's "FPS" field can handle values like "25p" or "50i".

2012-02-10 07:57
5.3.0

いくつかのフィールドは、mkvmerge の詳細な識別出力に追加されています。DTS ファイルのファイルの種類の識別と、セグメンテーション違反が修正されました。(E) AC3 ファイルのファイルの種類の検出を向上しています。mkvmerge の識別モードをもう一度出力として mkvextract の「timecodes_v2」モードは、同じトラック Id を使用します。特定の壊れた Matroska ファイルは無効なメモリ アクセスが修正されました。1 つの巨大なファイルの一部と同様 mkvmerge 入力ファイルを読み取ることができます。mkvmerge を抽出し、MP4 ファイルで iTunes によって書かれて、オーディオ エンコーダー遅延情報を使用できます。
タグ: Minor feature enhancements, major bug fixes
Several fields have been added to mkvmerge's verbose identification output. File type identification and a segfault have been fixed for DTS files. File type detection for (E)AC3 files has been improved. mkvextract's "timecodes_v2" mode uses the same track IDs as mkvmerge's identification mode outputs again. An invalid memory access with certain broken Matroska files has been fixed. mkvmerge can read input files as if they were part of a single huge file. mkvmerge can extract and use the audio encoder delay information stored in MP4 files as written by iTunes.

2012-01-03 20:19
5.2.1

mkvmerge と mkvextract を同じトラック Id を再度使用します。サイズの大きなファイルを Linux 上でのパフォーマンスが改善されました。MP4 ファイルの章で予期しない文字セットの適切なエラー メッセージが発生します。MPEG プログラム ストリーム リーダー トラック巨大なギャップを適切に処理することができます。Gettext、FLAC、またはカールが利用できない場合は、コンパイルを修正されています。
タグ: Minor Bug fixes and enhancements
mkvmerge and mkvextract use the same track IDs again. Performance on Linux has been improved for large files. MP4 files with chapters in unexpected character sets cause a proper error message. The MPEG program stream reader can handle tracks with huge gaps gracefully. Compilation has been fixed if gettext, FLAC, or CURL is not available.

2011-11-29 20:25
5.1.0

多くのバグが修正され、MPEG トランスポート ストリーム処理に大きな改善を行った。今すぐに構築すると、GCC 4.6.0 が必要です以降高める 1.46 以降の多くの機能、C から + + 11 標準を積極的に使用します。
タグ: Minor feature enhancements, Major bugfixes
Many bugs were fixed and great improvements were made to the MPEG transport stream handling. Building now requires GCC 4.6.0 or newer and Boost 1.46 or newer, as many features from the C++11 standard are used actively.

プロジェクトリソース