ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Mknew プロジェクトは、一般的な開発タスクと管理タスクを管理する単純な Unix シェル スクリプトを構築する方法の調査です。重点は言語とが既に存在し、よく使われているツールを使用します。関連の重点は bash シェルの機能のプログラミングの性質を探るです。これは bash の機能を使用して、スクリプトを bash の関数実行遅延を bash「$("")」構文を使用しています。これにより、必要最小限の構文を持つ関数呼び出しのシリーズとして書き込まれるシェル スクリプトを許可する LISP のような関数の構文のスクリプトを構築します。目標は bash スクリプトで異種コンポーネントの作成手順を指定する方法を提供します。これらは、多様なソース コード言語、ドキュメントのテキスト、テスト手順、およびデータを含めることができます。Mknew 関数ライブラリ (mklib) に加えてこれら「作る」bash シェルおよび一般的な Unix コマンド ・ ライン ・ ユーティリティによって提供される機能にだけ頼るプロシージャ。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-10-12 18:22
1-2

このリリースの新機能やbashの機能をさらに探求しています。 mknewのこのバージョンは、任意の宛先に、設定ファイルなど、さまざまな種類、管理するための便利ですが、一貫性の活動パターンを使用してファイルを展開しています。一度mknew、"mkd"ファイルは、ソースファイルのディレクトリには、プライマリソースファイルの種類を指定し作成されインストールされます。ファイルをデプロイするために、入力するだけで"すべて"で、シェルのプロンプトmk。
タグ: Minor feature enhancements
This release provides new capabilities and further
explorations of bash functions. This version of
mknew supports the deployment of files to
arbitrary destinations, and is useful for managing
many different types of files, such as
configuration files, using a consistent activity
pattern. Once mknew is installed, an "mkd" file is
created in the source file directory, specifying
the primary source file types. To deploy files,
simply type "mk all" at the shell prompt.

2005-11-02 23:21
1-1

タグ: Initial freshmeat announcement

プロジェクトリソース