ダウンロードリスト

プロジェクト概要

mkCDrecは、(CD-ROMの復旧を行います)は、1つまたはCD-ROM(S)(マルチボリュームセット)以上にLinuxシステムのバックアップを含む、ブート(El Torito準拠)ディザスタリカバリイメージを作成します。 それ以外の場合は、バックアップは別のディスク、NFS/ CIFSのディスク、または(リモート)テープに格納することができます。 ディスククラッシュやシステム侵入後、システムはCD-ROMからブートすることができ、それがあったよう一つは完全なシステムを復元することができます。 それはまた一つ別のディスク(これはパーティションのレイアウト自体を計算すると、コピー先ディスクは、同じサイズである必要はありません)にディスクを復元することができ、ディスクのクローニングを備えています。現在、EXT2、EXT3、MINIX、MS-DOS、FAT、VFAT、ReiserFSの、XFS、およびJFSファイルシステムがサポートされています。 それはソフトウェアRAIDとLVMのモードのディスクを復元することができます。 それはテープにブート可能なCD-ROMをシミュレートするワンボタン·ディザスタ·リカバリ(OBDR)モードをサポートしています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-09-05 23:49
0.9.9

このリリースでは、劇的に低速USBデバイスのサポートを改善し、mkCDrecブートCDとopenSUSEとFecoraCoreリリースをブートするためinitramfsファイルシステムのサポートを追加バージョン1.12.0にアップグレードbusyboxの。
タグ: Major bugfixes
This release adds support for the initramfs
filesystem for booting
OpenSuse and FecoraCore releases with the mkCDrec
boot CD, dramatically
improves slow USB device support, and upgrades
busybox to version
1.12.0.

2007-11-21 19:26
0.9.8

初期RAMディスクのデフォルトの起動ramfsは、ファイルシステムを介して行われます。サポートFedoraCore 7日に追加されているBusyBoxを1.7.2に更新されています。全ての#!/ bin / shを#!/ binに置き換えられた/これは、スクリプトの新しいUbuntuのバージョンの下で作業を続けるのbash。
タグ: Minor feature enhancements
Default booting of the initial ramdisk happens via the ramfs file system. Support has been added for FedoraCore 7, and BusyBox has been updated to 1.7.2. All #!/bin/sh were replaced by #!/bin/bash so that scripts continue to work under newer Ubuntu versions.

2007-06-20 14:46
0.9.7

busyboxのバージョンを1.1.1から1.4.2にアップグレードされました。いくつかのマイナーなバグが修正されました。 Mandrivaは2007年CentOSの5、RHEL 4のも同様にサポートされます。
タグ: Minor bugfixes
Busybox was upgraded from version 1.1.1 to 1.4.2.
Some minor bugs were fixed. Mandriva 2007, CentOS
5, and RHEL 4 are supported as well.

2006-06-25 22:11
0.9.3

busyboxの構成アーキテクチャx86_64およびIA - 64の上に、コンパイルエラーを避けるために変更されました。 Legato Networkerを用のプラグインを追加することにより、mkCDrecシステムのファイルを取得するプログラムを復元する別のバックアップ/を使用することができます。以前のプラグイン(はHP Data ProtectorおよびIBM Tivoli Storage Managerは)は、tmpfsは修正されたとシステムの問題のファイル/ dev。
タグ: Minor bugfixes
The busybox configuration has been changed to avoid the compilation errors on x86_64 and IA-64 architectures. By adding the plugin for Legato Networker, mkCDrec can use another backup/restore program to retrieve the files of the system. The previous plugins (HP Data Protector and IBM TSM) were fixed for the tmpfs file system problem with /dev.

2006-03-28 22:46
0.9.1

このリリースで修正さmkcdrecとbusyboxの- 1.1.0の間のリンクを持つ主要なバグを修正。すべてのバイナリパッケージはバージョン0.9()と影響されている"chrootを避けるためにこのリリースをダウンロードする必要があります"の問題が見つかりません。さらには、/ etc / mkcdrec.confファイルは常にmkcdrecのすべてのルーチンによって読み取られます。は、/ etc / mkcdrec.confファイルをあなたがカスタマイズした設定を含めることがリリースにアップグレード後も存続します。
タグ: Major bugfixes
This release fixes a major bug with the link between mkcdrec and busybox-1.1.0. All binary packages (of version 0.9) are impacted and should download this release to avoid the "chroot not found" issue. Furthermore, the /etc/mkcdrec.conf file is now always read by all routines of mkcdrec. The /etc/mkcdrec.conf file may contain your customised settings and will survive release upgrades.

プロジェクトリソース