ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Midgardは、永続的なストレージのフレームワークです。これは、データ集約型のアプリケーションを構築するために、オブジェクト指向とレプリケーション環境を提供しています。また、Midgardフレーム上で構築されたMidCOMコンテンツ管理システムも付随しています。MidCOMの機能は、WebベースでのオーサリングWYSIWYGインタフェースと付加的なWeb機能をインストールするためのコンポーネント・インタフェースを備えています。Midgardは、GLibやlibgdaのようなライブラリのGNOMEスタック上で構築されており、C、Python及びPHPへの言語バインディングを持っています。異なる言語で書かれたアプリケーション間での通信は、D-Bus上で行われます。 CMSは、LAMP(Linux、Apache、MySQLとPHP)プラットフォーム上で実行されます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-07 07:22
10.05.6

新しいクエリ インターフェイス。PostgreSQL の機能。多くの主要な GIR 修正。小さなバグ修正。PHP 5.4 サポートは PHP 拡張モジュールでは。
New query interfaces. Improved PostgreSQL functionality. Many major GIR corrections. Minor bugfixes. PHP 5.4 support in the PHP extension.

2011-11-03 16:40
10.05.5

このリリースでは、ワークスペース、Validable と実行可能ファイルの新しいインターフェイス、save() メソッドを追加された MidgardObject、MidgardRepligard クラス、抽象クラス、インターフェイス、およびミックスイン、新しいメソッドのリフレクタ クラス、MidgardView バグ修正と改善、その他の主要なバグの修正のサポートで。
タグ: Ratatoskr LTS Midgard2
This release added Workspaces, new Validable and Executable interfaces, a save() method in MidgardObject, a MidgardRepligard class, support for abstract classes, interfaces, and mixins, new methods in reflector classes, MidgardView bugfixes and improvements, and other major bug fixes.

2011-03-01 23:43
10.05.4

MidgardUserメモリリークが修正されました。 SQLプリペアドステートメントのメモリリークが修正されました。その他の主要なメモリリークが修正されました。 MidgardConnectionシングルトンが改善されました。プロパティの処理ルーチンが改善された。
タグ: Ratatoskr LTS Midgard2
MidgardUser memory leaks were fixed. SQL prepared statements memory leaks were fixed. Other major memory leaks were fixed. The MidgardConnection singleton was improved. The property handling routines were improved.

2011-02-08 22:51
10.05.3

LDAP認証の種類が追加されました。新しい信号がQueryExecutorに追加されました。サポートは、ビューでのメタデータが追加されました。 RDFのマッピングが選択された基本クラスが追加されました。操作は、メタデータをせずにクラスの改善が得られた削除してください。 SQLのUPDATEクエリのパフォーマンスが改善された。 QuerySelectのバグが修正されました。 QuerySelectでメモリリークが修正されました。生成されたSQLクエリは修正されました。 GMainLoopラッパーが追加されました。 midgard_connectionメソッドが追加されました開きます。 midgard_object派生クラスのコンストラクタが改善されました。メタデータプロパティのバグが修正されました。
タグ: Ratatoskr LTS Midgard2
The LDAP authentication type was added. New signals were added to QueryExecutor. Support was added for metadata in views. RDF mapping was added for selected base classes. The delete operation was improved for classes without metadata. Performance of SQL UPDATE queries was improved. QuerySelect bugs were fixed. Memory leaks in QuerySelect were fixed. Generated SQL queries were fixed. A GMainLoop wrapper was added. The midgard_connection reopen method was added. The midgard_object derived class' constructor was improved. Metadata property bugs were fixed.

2010-12-17 07:19
10.12

これは、ミッドガルドコンテンツリポジトリの第三世代の技術プレビューです。これは、開発者は、今後のミッドガルドストレージAPIおよびRDFストレージに精通して得るためにできるように解放されます。これはPython、JavaScriptは、スキーム、およびJava GObjectのイントロスペクションを含む複数の言語の言語バインディングでGObjectの指向のCライブラリとして提供されます。 MidgardCRで管理コンテンツは、GNOMEのデータベース抽象化ライブラリでサポートされている複数のリレーショナルデータベースに格納することができます。 MidgardCRでテストデータベースは、SQLite、MySQL、およびPostgreSQLを含まれています。
This is a technology preview of the third generation of the Midgard Content Repository. It is released to allow developers to gain familiarity with the upcoming Midgard storage APIs and RDF storage. It is available as a GObject-oriented C library with language bindings for multiple languages including Python, JavaScript, Scheme, and Java through GObject Introspection. Content managed in MidgardCR can be stored in multiple relational databases supported by the GNOME Database Abstraction Library. Databases tested with MidgardCR include SQLite, MySQL, and PostgreSQL.

プロジェクトリソース