ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

MaKL は純粋、Bourne シェルと GNU Make に基づくマルチプラット フォーム C または C++ プロジェクトを構築するためのシンプルで軽いフレームワークです。インストールしての基本的な機能を維持しながら他の典型的な建物のシステムよりも使用してはるかに簡単です。そのクロス コンパイル、マルチプラット フォームの toolchaining のメカニズム、および最小限の外部依存関係のための組込みシステムに最適です。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-01-24 08:29
1.9.0

MK: GCC (gcc 4.6.1 Ubuntu Oneiric など) の新しいバージョンで、コンパイル エラーの原因となって、mkdep.gcc.sh ヘルパーのバグを修正。CF: makl_test_dir() テスト ファイル用のカスタム ディレクトリを指定する;-ヘルプの修正とクリーンアップのカップル;featx 変数パラメーターの修正;コマンドラインの引数のダッシュで区切った id は今働いています。TC: clang toolchain Darwin (ダーウィン-clang.tc); で追加されましたOpenSolaris チェーンを修正;QNX momentics 6.5.0 ツール修正プログラム;そして、QNX GNU ツール チェーンの ARMv7 が追加されました。
タグ: Minor feature enhancements
MK: a fix for a bug in the mkdep.gcc.sh helper that was causing a compilation error on new versions of GCC (e.g. Ubuntu Oneiric with GCC 4.6.1). CF: makl_test_dir() to specify custom directory for test files; a couple of --help fixes and cleanup; a fix for the featx varname parameter; and command line args for dash-separated ids are now working. TC: the clang toolchain has been added on Darwin (darwin-clang.tc); an OpenSolaris toolchains fix; a QNX momentics 6.5.0 toolchain fix; and the QNX GNU toolchain for ARMv7 has been added.

2010-10-29 17:38
1.8.3

サポートはMinix3/GCC、Minix3/ACKは、OpenSolaris / GCCの、およびOpenSolaris / SunStudioExpressために追加されました。
Support was added for Minix3/GCC, Minix3/ACK, OpenSolaris/GCC, and OpenSolaris/SunStudioExpress.

2009-10-29 23:49
1.8.1

/ bin / bashをLinux上でのデフォルトのシェルとしては、"Ubuntuのダッシュでは、多くの"バグをシフトすることはできませんを避けるために設定されています。中間ファイルを削除lexの中に強制される/ yaccの依存関係の実行。
/bin/bash has been set as the default shell on Linux to avoid the "can't shift that many" bug with Ubuntu's dash. Intermediate file removal is forced during lex/yacc dependencies execution.

2009-02-20 23:38
1.8.0

このリリースではmakl *ツールは、すべてのmakl *用のコマンドを、Unixのmanページを追加改造は、Solarisをサポート/ GCCとトンボのBSDは、自動設定の手順は、インテル® CをLinux / C + +コンパイラをサポートして簡単に動的ライブラリの生成が完了する( DLLをMinGWとCygwin)は、Windows上では、OBJDIR progとlibと変数を設定する複数のターゲットのビルドでは、テンプレートと- makl - *コマンドラインのフラグmaklshへのホストを追加します。
タグ: Major feature enhancements
This release completes the revamp of the makl* tools, adds Unix man
pages for all makl* commands, supports Solaris/GCC and DragonFly BSD,
simplifies the auto-configuration procedure, supports the Intel C/C++
compiler on Linux, produces dynamic libraries (DLLs) on Windows via
MinGW and Cygwin, sets the OBJDIR variable to prog and lib templates for
multiple target builds, and adds a host of --makl-* commandline flags to
maklsh.

2008-04-29 18:40
1.7.1

configureスクリプトからtoolchainの変数の使用法を修正しました。
Usage of toolchain variables from configure scripts was fixed.

プロジェクトリソース