ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GNU mailutilsの豊富で強力なプロトコルに依存しないメールのフレームワークです。便利な電子メールのライブラリ、クライアントおよびサーバのシリーズが含まれます。これらは、GNUシステムの主要な電子メールのユーティリティです。中心となるライブラリは、さまざまなメールボックスのフォーマットとプロトコルで、電子メールの処理の両方のローカルおよびリモートが可能です。具体的には、このプロジェクトには、POP3サーバ、IMAP4サーバ、Sieveメールフィルタが含まれます。また、POSIXの"mailxの"クライアントやその他の便利なツールのコレクションを提供します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-09-11 18:50
2.1

このリリースでは、プロジェクトの10周年をマークし、多くの重要な改良とバグ修正を紹介します。 mailutilsの今、新しいPythonのAPIはC +付属+ APIはデフォルトでは、改善Maidagスクリプト機能が内蔵(これはふるい/スキーム/ Pythonスクリプトができます)Movemail、imap4dの、メール、東京整理のための新しいコマンドで設定可能な個人的な空間で、UIDLをサポートDBMのサポート、および新しいメールボックスのフォーマットをサポートします。
タグ: Stable
This release marks the 10th anniversary of the project and introduces many significant improvements and bugfixes. Mailutils now comes with a new Python API, a C++ API built by default, an improved Maidag scripting capability (which allows Sieve/Scheme/Python scripts), UIDL support by Movemail, configurable personal namespace in Imap4d, new commands for Mail, Tokyo Cabinet DBM support, and support for new mailbox formats.

2008-12-26 20:18
2.0

このリリースでは、新しい"maidag"ユーティリティ(メール配信エージェント)は、新しいのSieveアクション"パイプ"、クライアントSMTPはSTARTTLSをサポートして、新しいプロトコルのサポート:ポップ(ポップ:/ /)とimapsを(imapsを新しい設定ファイル形式を導入://), LDAPのサポートは、TCPラッパー、imap4dのでPREAUTHをモードをサポートするためのサポートは、ライブラリ内のESMTPサイズの拡張は、新しいメーラー型""、新しいメールボックスのタイプの処理、progと、より多くの改良とバグ修正。
タグ: Major feature enhancements
This release introduces a new configuration file
format, the new "maidag" utility (MAIl Delivery
AGent), the new Sieve action "pipe", client SMTP
STARTTLS support, support for new protocols: POPS
(pops://) and IMAPS (imaps://), LDAP support,
support for TCP wrappers, PREAUTH mode support in
imap4d, the ESMTP SIZE extension in the library,
the new mailer type "prog", new mailbox types
handling, and many more improvements and bugfixes.

2007-06-30 12:18
1.2

このリリースでは、このプログラムはGNU General Public Licenseバージョン3の下でライセンスされます。これらのライブラリはGNU劣等一般公衆利用許諾契約書バージョン3で覆われている。多くのバグ修正や改良libmailboxで行われた。各MUのオブジェクトがアクセサの3種類があります:"sget"、"aget"、および"取得"。 'mail.localのユーティリティは、非特権ユーザによって実行されることができます。したがって、fetchmailと同様のユーティリティを使用することができます。古いのDBMのサポートは廃止されました。
タグ: Major feature enhancements
The programs in this release are licensed under GNU General Public License version 3. The libraries are covered by GNU Lesser General Public License version 3. Many bugfixes and improvements were made in libmailbox. Each MU object now has three kind of accessors: "sget", "aget", and "get". The 'mail.local' utility can be run by a non-privileged user. Thus, it can be used with fetchmail and similar utilities. Support for old DBM has been withdrawn.

2006-07-09 22:59
1.0

これは2004年12月の最初の安定版リリースは、多くの新機能の導入であり、バグ修正、これまで発見した。ライブラリの名前空間の他のライブラリと名前の衝突の可能性を減らすために最適化されます。すべてのグローバル識別子で始まるmu_。メインのライブラリlibmailutilsに改称されている。サポートのBerkeley DB 3.xおよび4.x、およびGuileの1.8.x.のために追加されているようこそ、新しいODBC SQLドライバは、新しい半径認証方法、および改善のPOSIX互換性がある。新しい2つのアクションが実装されています:'休暇'、自動返信機能、および'モデレータ'、Mailmanは、メーリングリストへの自動減速。
タグ: Major feature enhancements
This is the first stable release since December 2004, introducing
many new features and fixing bugs found so far. The library
namespace is optimized to reduce the possibility of name clashes
with other libraries. All global identifiers begin with mu_. The main
library has been renamed to libmailutils. Support has been added for
Berkeley DB 3.x and 4.x, and Guile 1.8.x. There is a new ODBC SQL
driver, a new radius authentication method, and improved POSIX
compatibility. Two new actions have been implemented: 'vacation',
an autoresponder, and 'moderator', an automatic moderator for
Mailman mailing lists.

2004-12-24 09:30
0.6

両方のimap4dの現在- TLSが必要で、クライアントの当事者は、サーバーとTLS接続を確立するまでの任意の認証コマンドを無効にする新しいコマンドラインオプションを受け入れるpop3dの。パッケージの両方がMySQLとPostgreSQLをサポートし、同時にコンパイルすることができます。どちらのインターフェイスを使用して、実行時に-のsql -インターフェイスをオプションで定義されています。 mail.localのSQLデータベースからメールボックスのクォータを取得することができます。 movemailツールは現在のGNU Emacsとのインタフェース用の特別なモードがあります。
タグ: Major feature enhancements
Both imap4d and pop3d now accept a new command line
option --tls-required, which disables any authentication
commands until the client party establishes TLS connection
with the server. The package can be now compiled with
support for both MySQL and PostgreSQL simultaneously.
Which of the interfaces to use is defined at run time by --sql-
interface option. Mail.local is able to retrieve mailbox quotas
from SQL database. The movemail tool has now a special
mode for interfacing with GNU Emacs.

プロジェクトリソース