ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

マグノリアは、エンタープライズ規模でスマート フォンのシンプルさを提供する CMS です。携帯に触発された HTML5 ユーザー インターフェイス、カスタマイズ可能なタスクに焦点を当てたアプリ、すぐにワークスペースにアクセスするためのパルスとのお気に入りのシステムと呼ばれる通知ストリームを介して動作します。マグノリアは、組織のすべてのタッチ ポイントの影響を最大化するすべてのデジタル チャンネルでオンライン サービス、販売、およびマーケティングを調整することができます。マグノリアのオープン ソース技術、CMIS と JCR、Spring フレームワークとの統合などのオープン スタンダードのサポートとバックエンド システムとサード パーティのアプリケーションのロックを解除する開発者をできます。マグノリアは政府と主要なフォーチュン 500 企業で、世界 100 カ国以上で使用されます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-10-14 22:24
2.1.1

このリリースではデフォルトの永続性マネージャとしてBerkeley DBを使用します。ファイルシステムの代わりにバークレーDBを使用するため、パフォーマンスが再び大幅に向上しています。場合、アクティブ化に失敗アクティベーションのエラーがユーザに表示されます。テンプレートを現在の階層に格納することができます。いくつかのマイナーバグが修正されている。
タグ: Minor feature enhancements
This release uses Berkeley DB as the default persistence manager. Due to the use of Berkley DB instead of the filesystem, performance has again improved significantly. Activation errors are now displayed to the user if activation fails. Templates can now be stored in a hierarchy. Several minor bugs have been fixed.

2005-09-16 15:06
1.0 Beta 1

タグ: Initial freshmeat announcement, For Digital Media

2005-09-06 11:22
2.1

このリリースでは15の主要な言語は、ネイティブの検索、インポート/ XMLのエクスポートとの完全な国際化を含む多くの新機能のいくつかのJSRのデータを、ベースのサポート- 170に準拠したリポジトリ実装では、"急発進"と"Jeiceira"と、簡単な戦争などの提供ファイルをドロップする展開で、任意のJ2EEコンテナに。
タグ: Major feature enhancements
This release provided many new features including full internationalization with 15 major languages, native search, import/export of XML-based data, support for several JSR-170 compliant repository implementations, including the "Jackrabbit" and "Jeiceira", and simple war-file drop-in deployment on any J2EE container.

2005-08-10 20:27
2.1 RC4

いくつかのバグ修正と機能拡張が行われた。は、キャッシュの破損の問題と問題が含まれて修正された最も顕著なバグがバイナリコンテンツをコピーするページ。サイトマップタグ、および改善されている新機能を事前にすることができます初安打の応答時間を高速化するための完全なサイトのキャッシュを生成します。
タグ: Major bugfixes
Several bugfixes and enhancements were made. The most notable bugs that were fixed include a cache corruption issue and an issue when copying pages with binary content. The site map tag has been improved, and a new feature lets you pre-generate the complete site cache to speed up response times for first hits.

2005-07-26 12:05
2.1 RC3

バグ修正と機能拡張の数が行われた。は、固定された最も顕著なバグが不足しているリリースのCMS()でタグは、コンテナまでのコンテンツを目に見えない、残りの活性化を含めると、"最終更新"HTTPヘッダーに変更することが失敗の価値を再起動される活性化、DialogMVCHandlerの無能ぶりをターゲットとして、任意のnodeCollectionsを処理します。
タグ: Major bugfixes
A number of bugfixes and enhancements were made.
The most notable bugs that were fixed include a
missing release() on CMS tags, activated content
remaining invisible until the container is
restarted, the value of the "Last Modified" HTTP
header failing to change upon activation, and the
inability of DialogMVCHandler to handle arbitrary
nodeCollections as target.

プロジェクトリソース