ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Lushは、オブジェクト指向や配列指向(array-oriented)プログラミングを取り入れて拡張した Lispの方言です。これは、数値を多用するアプリケーションのプロトタイピング用プログラミング環境を目標としています。Pythonに似た代替物や Scilabとは異なり、Lushは既存の C/C++/Fortranコードを簡単に統合するために設計されています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-03-12 15:38
2.0.1

このリリースでは、Mac OS Xのサポートを復元し、いくつかのバグ修正が含まれています。
This release restores Mac OS X support and contains some bugfixes.

2010-12-30 14:21
2.0

このリリースでは、多数のバグを修正し、改良されたgnuplotのインターフェースを備えています。
This release fixes numerous bugs and has an improved gnuplot interface.

2009-12-23 03:41
2.0 beta 2

このリリースのSolarisおよびMac OS X 10.5だけでなく、いくつかのマイナーなバグの問題をビルドします。
タグ: Beta
This release fixes build problems on Solaris and Mac OS X 10.5 as well as a few minor bugs.

2009-10-20 20:15
2.0 beta1

このリリースでは大文字と小文字が区別されます。時代遅れのパッケージ(HTKの、トーチ、など)が削除されている多くの機能が変更されている(名前空間lush1参照してください)。新機能の組み込みの数学関数が含まれる配列の作業は、名前空間の施設は、小さなデータ型ライブラリ(ヒープ、集合、グラフ)、およびgnuplotのインターフェイスです。をスタンドアロンの施設を、いくつかの古いパッケージ(video4linux、sn28など)、複雑な番号、およびサポートは、現在壊れている。
タグ: Beta
This release is case-sensitive. Outdated packages have been dropped (HTK, Torch, and others) and many functions have been renamed (see namespace lush1-). New features include builtin math functions that work on arrays , a namespace facility, a small datatype library (heap, sets, graph), and a gnuplot interface. The make-standalone facility, some outdated packages (video4linux, sn28, and others), and support for complex numbers are currently broken.

2005-06-28 01:35
1.1

64ビットの互換性は、Mac OS Xのサポートは、Cygwinをサポートし、FFTの、サポートベクターマシン、サウンドの再生、出力、シリアルSVGの新しいライブラリ/パラレルポートの出力、ジョイスティックの入力は、RPC、およびもっと。多くのバグ修正。
タグ: Major feature enhancements
64-bit compatibility, Mac OS X support, Cygwin support, new libraries for FFT, Support Vector Machines, sound playing, SVG output, serial/parallel port output, joystick input, RPC, and more. Many bugfixes.

プロジェクトリソース