ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Linux Test Project is a joint project started by SGI, OSDL, and Bull developed and maintained by IBM, Cisco, Fujitsu, SUSE, Red Hat, Oracle, and others. The project goal is to deliver tests that validate the reliability, robustness, and stability of Linux. Currently it contains more than 1000 syscall test cases, I/O and AIO stress test cases, a few Linux kernel device drivers, a well maintained fork of the Open POSIX Testsuite, a real-time test suite, and more.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-03-03 00:11
20090228

QUOTAに再マウントのテストを追加しました。冷凍コントローラのテストを追加しました。 LTPのMicroblazeコアのサポートが追加されました。電源管理のテストのCPUの統合を行った。いくつかのコーディングスタイルの修正が行われた。修正他の多くのテストのために作られた。
タグ: Major feature enhancements
QUOTA REMOUNT tests were added. FREEZER CONTROLLER tests were added. Microblaze support for LTP was added. CPU consolidation of power management tests was done. Several coding style fixes were made. Fixes were made for numerous other tests.

2009-02-02 19:14
20090131

socket02、socket03、signalfd4_01、signalfd4_02、eventfd2_01、eventfd2_02、timerfd02、timerfd03、epoll_create2_01、dup3_01、pipe2_01、pipe2_02、inotify_init1_01、inotify_init1_02、およびsocketpair02システムコールのテストを追加しました。多数のIPCとMQの名前空間のテストおよびdiotest07追加されました。ブロックデバイスドライバのテストを追加しました。GCOVパッチを2.6.28に適用された。他の多くのテストで修正された。
タグ: Major feature enhancements
The socket02, socket03, signalfd4_01,
signalfd4_02, eventfd2_01, eventfd2_02, timerfd02,
timerfd03, epoll_create2_01, dup3_01, pipe2_01,
pipe2_02, inotify_init1_01, inotify_init1_02, and
socketpair02 system call tests were added.
Numerous IPC and MQ Namespace tests and diotest07
were added. Block device driver tests were added.
GCOV patches were applied for 2.6.28. Numerous
other tests were fixed.

2008-12-31 23:03
20081231

多数のPIDNSテストを追加しました。 CPUのコントローラレイテンシのテストを追加しました。ビデオのLinux 2(v4l2の)APIは、デバイスドライバのテストのために追加された。オプションブロックデバイスのrunltpに追加されました。 ioctl03とinotify03テストを追加しました。 Autoconfのいくつかのより多くのテストに使用されます。 Pounder21の更新が行われた。のltpネットワーク、ネットワークのストレスは、ADP、autofsは、exportfsを、roの唯一のfsをisofs、dmmapper、fslvm、fsnolvm、scsi_debug、sysfsを、tirpcは、SELinuxのテストrunalltests統合された。修正他の多くのテストのために作られた。
タグ: Major feature enhancements
Numerous PIDNS tests were added. CPU Controller Latency tests were added. Video for Linux 2 (V4L2) API device driver tests were added. Options were added for block devices to runltp. ioctl03 and inotify03 tests were added. Autoconf is used for some more tests. Pounder21 updates were made. Ltp network, network stress, adp, autofs, exportfs, ro only fs, isofs, dmmapper, fslvm, fsnolvm, scsi_debug, sysfs, tirpc, and SELinux tests were integrated into runalltests. Fixes were made for numerous other tests.

2008-12-01 19:21
20080831

このリリースではsetgid16追加()、ftruncate64()、truncate64()、eventfd()、get_robust_list()、set_robust_list()、sync_file_range()は、setfsuid()、setresuid()、setreuid()、setresuid()、eventfd( )カウンタのオーバーフロー、getcpu()、およびsetgroups16()システムコールをテストします。 ROをバインドが追加されているテストケースをマウントします。そこのIO -スロットルテストケースを修正し、Hackbench修正GCOV / LCOV修正、およびはRTのテストプログラムです。 seclvl(BSDの安全レベルLSM)が削除されているテストします。ようこそコンパイラSLES10SP2とopenSUSE FactoryのGCCの4.1とGCC 4.3の修正が警告している。
タグ: Major feature enhancements
This release adds the setgid16(), ftruncate64(), truncate64(), eventfd(), get_robust_list(), set_robust_list(), sync_file_range(), setfsuid(), setresuid(), setreuid(), setresuid(), eventfd() counter overflow, getcpu(), and setgroups16() syscall tests. RO Bind mount test cases has been added. There is an IO-Throttle test cases fix, a Hackbench fix, GCOV/LCOV fixes, and an RT tests fix. seclvl (BSD Secure Level LSM) tests have been removed. There are compiler warning fixes for GCC 4.1 and GCC 4.3 for SLES10SP2 and openSUSE Factory.

2008-12-01 19:21
20080930

このリリースではgetegid16追加されます()、スイッチ()、signalfd()、およびgetgid16()システムコールをテストします。これはネットワークNamepaceテストを追加します。これを追加、既存のadmin_toolsおよびioctl()のテストLTPの実行をデフォルトに。容器検査のクリーンアップ。いくつかのネットワークスクリプトを修正。いくつかのテスト用のメモリリークを修正。アングルのテストのクリーンアップ。いくつかの修正OPEN_POSIX_TESTSUITEする。 dirent.hとpage.hの互換性を修正。監査テストスイートのインクルージョン。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds getegid16(), switch(), signalfd(), and getgid16() syscall tests. It adds Network Namepace tests. It adds existing admin_tools and ioctl() tests to default LTP run. Cleanup for CONTAINERS tests. Fixes to some network scripts. Memory leak fixes for some tests. RT tests cleanup. Some fixes to OPEN_POSIX_TESTSUITE. Fixes for dirent.h and page.h compatibility. Inclusion of the Audit test suite.

プロジェクトリソース