ダウンロードリスト

プロジェクト概要

LiVESは、シンプルですがパワフルなデジタル・ビデオ・アーティストやVJ向けのビデオ・エフェクト、編集、変換及びプレイバック・システムです。これは、Linux、BSD、Mac OS X/Darwin、IRIX及びopenMosix上で動作します。正確なフレームとサンプルで、ビデオのほとんどすべてのタイプを扱うことができます。そして、プラグインと付属されるプラグイン作成ツールにより拡張できます。また、OCSを利用してリモートで制御することができます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-07-24 20:37 リリース一覧に戻る
1.4.5

いくつか。FLVファイル、効果/アウト新しいフェードのビデオ、そして新たなスタートアップオプション(- TMPDIR)の瞬時開放が追加されました。バグは、字幕が読み込まれていない場合に"読み込ま字幕"のメッセージが表示されないように、〜/。人命のファイルに少ないの空白行を追加するには、x264のエンコーダでNTSCに戻すPALフォーマットを停止するために固定し、正しいポインタを移動するタイムラインが非常に長いクリップがクリックされたときに(開始または終了)。フレームは、仮想クリップにエフェクトを適用した後にカットされていたが、これも修正されました。レンダリングされた効果をポスト処理と動的なメニュー構成にコードがクリーンアップされました。
Instant opening of some .flv files, a new fade video in/out effect, and a new startup option (-tmpdir) were added. Bugs were fixed to stop PAL formats reverting to NTSC in the x264 encoder, to add fewer blank lines to the ~/.lives file, to prevent showing of the "Loaded subtitles" message when subtitles are not loaded, and to move the correct pointer (start or end) when the timeline is clicked in very long clips. Frames were sometimes being cut after applying effects in virtual clips; this has also been fixed. The code for rendered effects post-processing and dynamic menu building was cleaned up.

プロジェクトリソース