ダウンロードリスト

プロジェクト概要

v4l utils パッケージは様々 な video4[/projects/freshmeat_linux/ linux] のコレクション (V4L) と DVB ユーティリティ。libv4l は、video4linux2 の上に薄い抽象化レイヤーを追加するライブラリの付随コレクション (!V4L2) デバイス。この層の目的容易にアプリケーション ライターが同じクラスの異なるデバイスのための別のコードを記述しなくてもさまざまなデバイスをサポートすることです。3 の異なるライブラリで構成されます。libv4lconvert (知られている) ピクセル フォーマットから V4l2_PIX_FMT_BGR24 または V4l2_PIX_FMT_YUV420 に変換する機能を提供します。libv4l1 は、v4l2 デバイス、それら v4l1 互換性 (v4l2 ドライバーの多くはしない) をサポートするデバイス用のドライバーの独立の上 (非推奨) v4l1 API を提供しています。libv4l2 API を提供、v4l2 v4l2 デバイス上に必要に応じてアプリケーションの透過的な libv4lconvert 変換のサポートを追加するとき。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-07-27 05:58
0.8.5

V4L2 - CTLに、サポートが小さなバグ修正とともに、新しいビットマスクのコントロールの種類と制御イベントの追加されました。 qv4l2は、ビットマップコントロールの支持を得た。 drxkフロントエンドとem28xxのダンプのための新しいパーサーが追加されました。その他のlibv4lでは、いくつかのより多くのラップトップモデルのSE401ピクセルフォーマットのサポートが実装された、およびソフトウェアのautogainの微調整が行われた、デバイスのテーブル逆さまに追加されました。他のいくつかのマイナーな変更が行われた。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements, Stable
In v4l2-ctl, support was added for the new bitmask control type and for the control event, along with small bugfixes. qv4l2 gained support for bitmap controls. A new parser for dumps of em28xx with the drxk frontend was added. In libv4l, some more laptop models were added to the upside down devices table, support for the SE401 pixel format was implemented, and software autogain tweaks were made. Several other minor changes were made.

2011-06-13 19:25
0.8.4

のlibv4lするための様々な拡張機能がいくつかのシナリオで紫外線HDカメラと大幅に少ないCPU使用率が、結果として行われた。実験的なライブラリは、互いにのVBIビデオ、オーディオ、およびその他のデバイスを関連付けるアプリケーションは、例えば、自動的にALSAの入力デバイスは、特定の対応するビデオデバイスのオーディオを伝送する把握することができますが追加されました。多くのラップトップモデルは、デバイス逆さまのテーブルに追加されました。 M420の、Y10B、およびJPGLピクセルフォーマットのサポートが追加されました。 JPEGの圧縮コードは高速化のために書き直されました。多くのさらなる強化や修正が行われた。
タグ: Minor feature enhancements, Minor bugfixes, Stable
Various enhancements to libv4l were made, resulting in significantly less CPU usage with UVC HD cameras in several scenarios. An experimental library was added for associating video, audio, vbi, and other devices with each other, allowing apps, for example, to automatically figure out which ALSA input device carries the audio for a specific corresponding video device. Many more laptop models were added to the table of upside down devices. Support for the M420, Y10B, and JPGL pixel formats was added. The JPEG decompression code was rewritten for speed. Many further enhancements and fixes were made.

2010-09-05 05:01
0.8.1

多くのラップトップモデルは、デバイステーブル逆さに追加されました。短いフレームは、現在では検出され、最大3つの再試行は非ショートフレームを取得するために開始されます。 16以上のフレームサイズとUVCのカメラが正しくサポートされています。 XirlinkのC -これYYVYUY形式やコニカYUV420形式のサポートが追加されました。ツールでは、様々なのv4l -キーマップの改善、様々なqv4l2修正が行われた、v4l2の- ctlが掲載/ g_dv_timingsの支持を得た。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements, Stable
Many more laptop models were added to the upside down devices table. Short frames are now detected, and up to three retries are initiated to get a non short frame. UVC cameras with more than 16 frame sizes are now properly supported. Support for the Xirlink C-It YYVYUY format and for the Konica YUV420 format were added. In the tools, various v4l-keytable improvements and various qv4l2 fixes were made, and v4l2-ctl gained support for s/g_dv_timings.

2010-05-08 00:52
0.8.0

用v4l - utilsパッケージの新しい組み合わせのlibv4lは安定している。様々な用v4l -キーテーブルの改善、v4l2 - CTLが修正、qv4l2修正がなされている。さらに多くのラップトップモデルが逆さまにデバイスの一覧に追加されている。いくつかの細かいバグ修正が行われている。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements, Stable
The new combination of v4l-utils and libv4l is now stable. Various v4l-keytable improvements, v4l2-ctl fixes, and qv4l2 fixes have been made. Many more laptop models have been added to the list of upside-down devices. Some minor bugfixes have been made.

2010-03-15 06:10
0.7.91

これは、開発リリースには、v4lのからユーティリティを組み合わせた一般的のディストリビューションには、前libv4lとv4lの- utilsパッケージなどのdvb水銀カーネル。 v4lの、キーテーブルの価格比較をキーテーブルと改名されている、今よりIR情報をサポートします。 libv4l逆さまのリストのデバイスを、いくつかのラップトップモデルを追加します。 Pixart JPEGのマーカーを削除修正されました。 whitebalance、様々なsonixjとsonixbベースのカムガンマのデフォルト値が改善された。ガンマ補正を今すぐpac7302ベースのカメラではデフォルトで有効になります。ストリームの最初のいくつかのフレーム内のエラーを変換する無視されます。
タグ: Major feature enhancements, Development
This development release combines utilities from the v4l-dvb mercurial kernel as v4l-utils with the previous libv4l into a common distribution. v4l-keytable has been renamed to ir-keytable, and now better supports IR. libv4l adds several laptop models to the list of upside-down devices. Pixart JPEG markers removal was fixed. The whitebalance and gamma defaults of various sonixj and sonixb based cams were improved. Gamma correction is now enabled by default on pac7302 based cams. Convert errors in the first few frames of a stream are now ignored.

プロジェクトリソース