ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GNU libtoolは汎ライブラリ開発者向けのスクリプトです。一貫性のある移植可能なインターフェースにより、さまざまなプラットフォームで共有ライブラリと静的ライブラリを使う複雑さを回避します。libtoolはすべてのプラットフォーム上で、静的ライブラリの構築をサポートします。(一部のプラットフォーム上では共有ライブラリの構築をサポートしません。) http://www.gnu.org/software/libtool/libtool.html
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-05-06 17:09
2.2.4

新しいlibtoolizeのオプション- no -警告が追加されています。 - 、デバッグ、 -は、警告、 -静かな、と- verboseオプションを渡すことができる環境を介して変数LIBTOOLIZE_OPTIONS libtoolizeのです。マクロで、いくつかのバグが修正されている。
タグ: Major feature enhancements, Stable
The new libtoolize option --no-warn has been
added. The --debug, --no-warn, --quiet, and
--verbose options can be passed to libtoolize
through the environment variable
LIBTOOLIZE_OPTIONS. Several bugs with macros have
been fixed.

2005-12-19 22:35
1.5.22

このリリースで修正さshlibpath変数(LD_LIBRARY_PATHと同様の)設定を作成およびアンインストールするライブラリをテストするためのリンク、検索パスの順序。 'のサイレント障害libtoolizeの- ltdl'の場合libltdlのファイルが存在しないされ、固定されている。場合は、非画像オブジェクトと、libtoolはコンパイルされたリンクモードでは、libtoolは、もはや黙って、空のアーカイブを作成しますが、呼び出されるというに戻る画像オブジェクトに該当する。再リンク時にtmpdirをディレクトリの作成、悪意のある他のユーザーによるサービスの潜在的な拒否の固定されている。
タグ: Major bugfixes, Stable
This release fixes setting of shlibpath variables (LD_LIBRARY_PATH and similar) and the order of link search paths for creating and testing of uninstalled libraries. Silent failure of 'libtoolize --ltdl' if libltdl files are not present has been fixed. If non-pic objects were not compiled, and libtool is called in link mode, libtool no longer silently creates an empty archive, but rather falls back to pic objects. A potential denial of service by malicious other users for tmpdir directory creation at relink time has been fixed.

2005-09-07 14:27
1.5.20

長期固定されたSolarisのccの制限なしの定義で失敗して立って。しかし、libltdlのデータファイルの所有権を持つ別の回帰を修正しました。回避Tru64バグシェルのため、破損のために作られました。これerronously便利なライブラリとして扱われていたインストールされて静的ライブラリに対してスプリアスオブジェクト名の競合との回帰を修正しました。ビルCygwin上でパッケージのマウント修正されて管理されます。
タグ: Minor bugfixes, Stable
A long-standing Solaris CC limitation failing with
-no-undefined was fixed. Yet another regression
with ownership of libltdl data files was fixed. A
work-around was made for breakage on Tru64 due to
shell bugs. A regression with spurious object name
conflicts against installed static libraries which
were erronously treated as convenience libraries
was fixed. Building of packages on Cygwin managed
mounts was fixed.

2004-04-11 16:18
1.5.6

1.5.4このリリースで修正プログラムのインストールの問題を明らかに。
タグ: Minor bugfixes, Stable
This release fixes installation problems apparent in 1.5.4.

2004-04-04 08:40
1.5.4

このリリースでは様々なバグ修正をしています。
タグ: Minor bugfixes, Stable
This release has various bugfixes.

プロジェクトリソース