ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

libssh2は、SSH2プロトコルを実装したCのライブラリです。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2010-08-18 17:27
1.2.7

少なくとも18に記載のバグ修正が行われた。最も悪名高い、おそらくSFTPの機能を送信するために大きなバッファを送信しようとしているときに発生したバグでした。
At least 18 documented bug fixes were made. The most notorious perhaps was the bug that occurred when trying to send large buffers to the sftp send function.

2010-06-10 22:23
1.2.6

libssh2_sftp_statvfs()、libssh2_sftp_fstatvfs()、libssh2_knownhost_checkp()、およびlibssh2_scp_send64()が追加されました。 10個のバグを超える修正されました。
libssh2_sftp_statvfs(), libssh2_sftp_fstatvfs(), libssh2_knownhost_checkp(), and libssh2_scp_send64() were added. More than ten bugs were fixed.

2010-04-14 07:01
1.2.5

このリリースでは、LIBSSH2_SFTP_S_IS ***()マクロのkeep - aliveは、init /出口ライブラリAPIの呼び出しのサポートを追加します。これは、いくつかのメモリリークを含む少なくとも14個のバグを修正。
This release adds support for keep-alive, init/exit library API calls, and LIBSSH2_SFTP_S_IS***() macros. It fixes at least 14 bugs, including several memory leaks.

2010-02-14 05:17
1.2.4

ビルドの問題を別のいくつかの修正を行いました。
Several different build problems were fixed.

2010-02-04 08:40
1.2.3

このリリースでは、libssh2_trace_sethandler()、および新しい2つの例ではssh - agentのサポートを追加します。この修正プログラム2つのメモリリークを含む8個のバグを。
This release adds ssh-agent support, libssh2_trace_sethandler(), and two new examples. It fixes 8 bugs, including two memory leaks.

プロジェクトリソース