ダウンロードリスト

プロジェクト概要

libmbaパッケージは、任意のプロジェクトに有用な可能性がある殆ど独立したCモジュールのコレクションです。リンクリスト、ハッシュマップ、プール、スタック、配列を含む通常のADTs、柔軟なメモリアロケータ、CSVパーサー、パス正規化ルーチン、国際化テキストの抽象化、設定ファイルモジュール、ポータブルなセマフォ、条件変数等があります。コードは、個々のモジュールが既存のコードベースへの統合ではなく、ライブラリ全体にコミットするユーザに必要とされるよう設計されました。コードはtypedefを使わず、いくつかのコメント、および広範なマニュアルページを持ち、HTMLドキュメント化しています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-04-29 22:55
0.9.1

移植性を大幅に改善されています。これはコンパイルされており、OSF1は、HP上でテスト- UXでは、Linux、MacのOS X、およびFreeBSDのは、gccのDECCと、およびaC + +。が存在しても、いくつかのマイナーな修正と機能強化された。
タグ: Major feature enhancements
Portability has been greatly improved. It has been compiled and tested on OSF1, HP-UX, Linux, Mac OS X, and FreeBSD with gcc, DECC, and aC++. There have also been some minor modifications and enhancements.

2004-08-28 08:20
0.8.10

いくつかのバグのcsvは、eval、ビットセットで、svsemモジュールが修正されました。 Win32ビルドの問題は解決されました。
タグ: Minor bugfixes
Several bugs were fixed in the csv, eval, bitset, and
svsem modules. A Win32 build issue was resolved.

2004-05-22 21:31
0.8.9

sho_loop関数はsho_expectのようなパターンベクトルとのタイムアウトを受け入れます。 cfgモジュールをより密接にJavaプロパティのスペースとUnicode文字のエスケープシーケンスをサポートするように変更されている。
タグ: Minor feature enhancements
The sho_loop function now accepts a pattern vector
and a timeout, like sho_expect. The cfg module has
been modified to more closely support Java
Properties escape sequences for spaces and Unicode
characters.

2004-05-10 01:42
0.8.8

差分モジュールは、最短の2つのシーケンスのGNU(diffのような(1)が、一般的なCインターフェイスとの間のスクリプトの編集を計算するためのソリューションマイヤーズはO(Nd)の実装)が追加されている。
タグ: Major feature enhancements
A diff module has been added that implements Myers' O(ND) solution for computing the shortest edit script between two sequences (like GNU diff(1) but with a generic C interface).

2004-03-10 22:45
0.8.5

ハッシュマップモジュールが正常に動作していないとsvcond_waitロックがシグナルによって中断さを再取得に失敗しました。これらのバグはいくつかのマイナーな調整に加えて、すべてのAPIのドキュメントで更新され、固定されている。
タグ: Major bugfixes
The hashmap module did not work properly and svcond_wait failed to reacquire the lock when interrupted by a signal. These bugs have been fixed in addition to some minor adjustments, all of which is updated in the API documentation.

プロジェクトリソース