ダウンロードリスト

プロジェクト概要

lftpは、コマンドライン・ベースの洗練されたファイル転送プログラムです。プロトコルでは、FTP、HTTP、SFTPとFISHをサポートしています。マルチスレッド設計になっており、バックグランドで複数のコマンドを同時に実行することができます。ミラーリング機能も備えており、切断しても再接続して転送を継続します。また、転送中にプログラムを終了させる場合、nohupモードに切り替え、バックグランドで転送を完了させます。FTP over HTTP proxy、HTTPSとFTP over SSL、BitTorrentプロンプトを更にサポートしています。IPv6を完全にサポートしています。速度の制限、接続数の制限、更に多くの調整ができるパラメータがあります。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-01-25 06:44 リリース一覧に戻る
4.3.4

新しい設定 cmd: で-終了-bg、cmd: 仕上げでと cmd: でキュー完了。Readline の履歴内のタイムスタンプ。Attach コマンドは古いソケットを削除するには改善されました。コアの FTP サーバーは有効な PWD 結果を返さないときのダンプが修正されました。新しい cwd リアル cwd に等しいときに特殊な FTP の cd ケースが修正されました。急流ステータス コマンド行が修正されました。CLOEXEC フラグを使ってファイルを開くには急流が修正されました。キュー コマンドの終了コードが修正されました。ミラーは、-l オプションでローカルのシンボリック リンクに従うことに修正されました。HTTPS でクラッシュが修正されました。
タグ: Stable
New settings cmd:at-exit-bg, cmd:at-finish, and cmd:at-queue-finish. Timestamps in readline history. The attach command has been improved to remove stale sockets. A core dump when an FTP server does not return a valid PWD result has been fixed. A special FTP cd case when real cwd equals the new cwd has been fixed. Torrent status command line has been fixed. Torrent to open files with the CLOEXEC flag has been fixed. The exit code of the queue command has been fixed. mirror has been fixed to follow local symlinks with the -L option. A crash with HTTPS has been fixed.

プロジェクトリソース