ダウンロードリスト

プロジェクト概要

LDAP Account Manager (LAM) is a web frontend for managing entries (e.g. users, groups, DHCP settings) stored in an LDAP directory. LAM was designed to make LDAP management as easy as possible for the user. It abstracts from the technical details of LDAP and allows persons without technical background to manage LDAP entries. If needed, power users may still directly edit LDAP entries via the integrated LDAP browser.
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-07 04:13
4.0.1

このリリースの新しいインストール ディレクトリが不足している問題が修正されます。各アカウントの種類の追加の LDAP フィルターを設定したり、アカウントの種類を非表示にすることもできます。
タグ: Major bugfixes
This release fixes a problem with missing directories on new installations. It also allows you to set additional LDAP filters for each account type and to hide account types.

2012-12-18 13:42
4.0

すべてのアカウント プロファイルと PDF 構造今別々 にサーバー プロファイルごとに保存されます。LAM プロ サポート QMail、MIT Kerberos およびカスタム フィールド (独自のオブジェクト クラスを管理することができます) ための管理インターフェイス。
タグ: Major feature enhancements
All account profiles and PDF structures are now saved separately for each server profile. LAM Pro supports QMail, MIT Kerberos, and custom fields for the admin interface (allowing you to manage your own object classes).

2012-12-03 04:03
4.0.RC1

すべてのアカウント プロファイルと PDF 構造今別々 にサーバー プロファイルごとに保存されます。ラムのための管理インターフェイスのプロサポート QMail、MIT Kerberos およびカスタム フィールド。これはテスト バージョンです。
タグ: Unstable, Major feature enhancements
All account profiles and PDF structures are now saved separately for each server profile. LAM Pro supports QMail, MIT Kerberos, and custom fields for the admin interface. Please note that this is a test version.

2012-09-26 06:48
3.9

このリリースは、kolab で 2.4、人形、および RFC2307bis automount エントリをサポートします。セルフ サービスも読み取り専用に設定フィールドをサポートします。
タグ: Major feature enhancements
This release supports Kolab 2.4, Puppet, and RFC2307bis automount entries. The self service also supports setting fields to read-only.

2012-09-11 11:44
3.9.RC1

ラム今 kolab で 2.4、人形、および RFC2307bis automount エントリをサポートしています。セルフ サービスも読み取り専用に設定フィールドをサポートします。これはテスト リリースです。9 月 21 日までの任意の問題を報告してください。
タグ: Unstable, Major feature enhancements
LAM now supports Kolab 2.4, Puppet, and RFC2307bis automount entries. The self service also supports setting fields to read-only. This is a test release. Please report any problems until the 21st of September.

プロジェクトリソース