ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Launch4j is a cross-platform tool for wrapping Java applications distributed as jars in Windows native executables. The executable can be configured to search for a certain JRE version or use a bundled one, and it's possible to set runtime options, like the initial/max heap size. The wrapper also provides better user experience through an application icon, a native pre-JRE splash screen, and a Java download page in case the appropriate JRE cannot be found. The increase in size of the application is small.

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-08-04 06:06
3.0.1

64ビットのサポートは、Windows、64ビットJRE、およびIBMのJREが追加されました。 Javaランタイム設定オプションが導入されました。今では最初のプロセスの優先順位を設定することが可能ですし、アプリケーションの単一インスタンスのみが実行できます。動的初期および最大ヒープサイズを追加しました。エラー報告に設計し直され、現在、カスタムメッセージをサポートしています。ランタイムロギングより詳細な出力を生成します。様々なバグ、修正されたライセンスは、以下の制限が1に変更されました。
タグ: Major feature enhancements, Stable
Support for 64-bit Windows, 64-bit JRE, and IBM JRE was added. A Java runtime preference option was introduced. It is now possible to set the initial process priority and allow running only a single instance of the application. Dynamic initial and maximum heap sizes were added. The error reporting was redesigned and now supports custom messages. The runtime logging produces more detailed output. Various bugs were fixed, and the license was changed to a less restrictive one.

2006-07-21 21:48
3.0.0-pre1

構成ファイルの形式とAntの構成組み込み改良されている。それはすぐに実行可能なjarファイルを、通常のjarファイルを起動し、クラスファイルが可能です。環境との動的なクラスパスの解像度、変数の参照とワイルドカードが追加されています。オプションは、アプリケーションの起動前に環境変数を設定に追加されている新しいコマンドラインスイッチは、コンパイルオプションを変更します。デバッグモードを使用する方が簡単です。 XPスタイルのマニフェストをサポートしています。現在、オプションのプライベートJREの使用を無効にすることです。
タグ: Major feature enhancements, Development
The configuration file format and embedded Ant
configuration have
been improved. It's now possible to launch
executable jars, regular
jars, and class files. Dynamic classpath
resolution with environment
variable references and wildcards has been added.
An option to set
environment variables before launching the
application has been added.
New commandline switches change the compiled
options. The debug mode is
easier to use. Xp-style manifests are supported.
There is now an option
to disable the use of private JREs.

2006-07-21 16:04
2.1.5

Javaのダウンロードサイトhttp://java.com/downloadに変更しています。今では、組み込みのJREを指定する絶対パスと相対パスを使用することが可能です。
タグ: Minor feature enhancements, Stable
The Java download site has changed to
http://java.com/download. It's now
possible to use absolute and relative paths to
specify the embedded JRE.

2006-06-15 17:54
2.1.4

バグでは、最初のラッパーのインスタンスに固定されたカスタムプロセスの名前だった。
タグ: Major bugfixes, Stable
A bug where only the first wrapper instance had a
custom process name was fixed.

2006-06-07 13:51
2.1.3

Antタスクのバグを、いくつかの相対的なjarファイルのパスが誤って処理された修正されました。 jarファイルの引数サイズの制限は16KBです。環境変数のサイズ制限を32KBに育てられた。これは1つのプロパティで複数の環境変数を連結することが可能です。作業ディレクトリのプロパティが追加されました。
タグ: Minor bugfixes, Stable
An Ant task bug was fixed, some relative jar paths
were handled incorrectly. The jar argument size
limit is now 16KB. The environment variable size
limit was raised to 32KB. It's possible to
concatenate multiple environment variables in one
property. A working directory property was added.

プロジェクトリソース