ダウンロードリスト

プロジェクト概要

kvpncは、さまざまなVPNクライアント用のKDEフロントエンドです。 これは、シスコのVPN(VPNC、vpnclientの(シスコから独自のクライアント))、IPSec(FreeS / WANと、Openswan、strongSwan、racoon)、PPTP(pptpclient)、OpenVP、L2TP over IPSec(l2tpd、xl2ltpd、openl2tp)(FreeS/WAN、Openswan、strongSwan、racoonの使用をサポートしています。)、Vtun、OpenSSH。スマートカードは、OpenVPNとstrongSwanの内でサポートされます。 VPNCは、Cisco VPNクライアントの代替であり、Cisco3000 VPNコンセントレータのクライアントとして使用されています。 FreeS / WAN、Openswan、strongSwanは、Linux2.4.x/2.6.xにIPSecクライアントである、racoonは、Linux2.6.xおよび* BSDのためのIPSecクライアントです。l2tpd、xl2tpd、そしてopenl2tpは、LinuxのL2TP VPNクライアント/サーバーです。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2008-06-03 05:34
0.9.1-rc1

タグ: Major bugfixes

2007-12-25 23:34
0.9.0

タグ: Major bugfixes

2007-02-13 21:19
0.8.8

このリリースで追加されますL2TPとは、最も重要な新機能として、スマートカードをサポートします。また、他の機能とのvpnc、racoonは、IPSec、およびOpenVPNののバグが修正追加されます。すぐに期待どおりに動作するツールを検出。
タグ: Major feature enhancements
This release adds L2TP and smartcard support as the most important new features. It adds also other features and fixes bugs in VPNC, racoon, IPSec, and OpenVPN. The tool detection now works as expected.

2006-12-13 08:14
0.8.7

タグ: Major bugfixes

2006-09-29 09:01
0.8.6.1

シスコの接続ではデフォルトルートとはresolv.confを正しくし、OpenVPNのトンネルデバイスのタイプが復元されますが正しく表示されます。これは、読み取りラインからのコメントを削除しますOpenVPNの設定ファイルのリーダーです。すぐに期待どおりに動作は、PCFインポートします。セキュリティ上の理由のvpncの設定ファイルが標準入力を介して送信されます。クラッシュでも修正されて変更します。
タグ: Major bugfixes
The default route at cisco connection and the
resolv.conf are now correctly restored, and the
openvpn tunnel device type is now shown correctly.
The openvpn configuration file reader now removes
comments from the read lines. The pcf import now
works as expected. For security reasons, the
configuration file for vpnc is now sent via stdin.
A crash at rename was fixed too.

プロジェクトリソース