プロジェクトの説明

Keepalived for LVSは、Linux Virtual Serverプロジェクトに強力で堅牢なキープアライブ機能を追加することを目標にしています。このプロジェクトは、Cで書かれていて、多層TCP/IPスタック・チェック機構を備えています。これは、3つのチェック機構(Layer3、Layer4及びLayer5)に基づくフレームワークを実装しています。 このフレームワークは、LVSサーバ・プール状態をチェックする能力を持つデーモンを提供します。LVSサーバ・プール内のいずれかのサーバがダウンしている場合、LVSトポロジからこのサーバ・エントリを削除するために、setsockoptを呼び出してLinuxカーネルに通知します。更に、障害迂回を監視するために、VRRPv2スタックを実装しています。

(最終翻訳者: 匿名さん) 翻訳してみる 原文を表示する

レビュー
あなたの評価
レビューする