ダウンロードリスト

プロジェクト概要

JSON RPC Java ページの再ロードを必要とせず、Java アプリケーション サーバー (AJAX 機能) でリモート メソッドを呼び出す !JavaScript DHTML Web アプリケーション使用できる RPC 実装を提供します。高速かつ非常に動的なエンタープライズ Java Web アプリケーションの次の世代のイネーブラーです。最小限の変更 (ある場合) は、Java リフレクションを使用して Java オブジェクトから !JavaScript オブジェクトをマップから呼び出す !JavaScript (マーシャ リングなどの特別な種類のアンマーシャ リング)、JSON RPC Java として動的に許可するように既存のサーバー側 Java コードに必要です。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2006-03-29 10:45
1.0

ライセンスをLGPLからは、Apacheライセンス、バージョン2.0に変更されました。新しいオブジェクトの登録、検索、および登録解除のAPI JSONRPCBridgeに追加されている。
タグ: Minor feature enhancements
The license has changed from the LGPL to the
Apache License, Version 2.0. New object
registration, lookup, and unregister APIs have
been added to JSONRPCBridge.

2005-12-13 06:02
1.0rc2

マニュアルを参照しLocalArgResolversのドキュメントを更新しました。 Javadocの更新が行われた。クラスタリングをサポートErrorInvocationコールバックインターフェイスと一緒に追加されました。 JSON形式でのバグ- RPCのJavaScriptクライアントが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements
The manual was updated with documentation for References and LocalArgResolvers. Javadoc updates were made. Clustering support was added along with a ErrorInvocation callback interface. Bugs in the JSON-RPC JavaScript client were fixed.

2005-09-19 09:05
1.0rc1

能力を汎用的なオブジェクトとインターフェイスのメソッドのシグネチャを処理するために追加されました。日付の書式をマーシャリングミリ秒に変更されました。能力の非同期要求を取り消すに追加されました。このプロトコルは、近くのJSON - RPC仕様に準拠するために更新されました。
タグ: Minor feature enhancements
The ability to handle generic Object and Interface
method signatures was added. The date marshalling
format was changed to milliseconds. The ability to
cancel async requests was added. The protocol was
updated for closer conformance with the JSON-RPC
specification.

2005-06-20 10:25
0.9

このリリース番号の署名は、POJOのシリアライザのコードの分割を持つメソッドに数値文字列型の自動変換するので、個別に使用することができるとHttpSessionは必要ないとステートレスの使用をサポートし、多くのAPIへのパブリックアクセス機能。 protectedメソッド名の情報をリークが修正されました。他の多くの小さなバグ修正と機能拡張が行われた。
タグ: Minor feature enhancements
This release featured public access to many APIs, automatic conversion of numeric String types into methods with Number signatures, a splitting out of the POJO serializer code so it can be used separately, and support for stateless usage with no need for HttpSession. An information leak of protected method names was fixed. Many other small bugfixes and enhancements were made.

2005-02-14 11:28
0.8

このリリースでは、非同期をサポートし、Unicodeのテストスイートは、回帰テストスイートは、辞書のデモでは、ブラウザの互換性データベース(UTF - 8でのISO - 8859 - 1をテストされている)は、多くの更新およびUnicodeと他の文字セットのサポートを含むバグフィックスが含まれて、"Hello World"のサンプルアプリケーションは、チュートリアルやマニュアルのアップデート、およびは、JSON - RPCの仕様では、プロトコルに同期します。
タグ: Major feature enhancements
This release contains many updates and bugfixes
including Unicode and other character set support (UTF-8,
ISO-8859-1 have been tested), asynchronous support, a
Unicode test suite, a regression test suite, a dictionary
demo, a browser compatibility database, a "Hello World"
sample app, tutorial and manual updates, and a protocol
sync with the JSON-RPC spec.

プロジェクトリソース