ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

John the Ripperは、現時点で様々なUnix系OS、Windows、DOS、BeOSおよびOpenVMSで利用出来る高速なパスワード・クラッカです。 主な目的は、脆弱なUnixパスワードを検出することです。 Unixシステム上で一般的に見られるいくつかのcrypt(3)パスワード・ハッシュ型を、WindowsではLMハッシュを、それぞれ検出対象としています。 更に、community-enhancedバージョン(-jumbo)ではその他の多くのハッシュと暗号ロジックが追加されており、このうち幾つかはJohn the Ripper Proに追加されています。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-12-19 07:27
1.7.9-jumbo-5

-ジャンボ 1.7.9 で再配置されました。RADIUS の共有シークレット / SHA-0 が追加されました。MSSQL (旧・ 2005年)、MySQL (SHA 1) に基づいてと Lotus5 のハッシュを最適化しました。OpenMP 並列化は、Lotus5 を追加しました。x 86 64 ビルド今 SSE2 の組み込みの詳細のハッシュを使用して、型を暗号確認します。多くの i 付加するターゲット (icc で生成されたアセンブリ ファイルを SSE2 の組み込みを使用)、追加された 32 ビット x 86 のビルドを含みます。アセンブリ内の x 86 および SSE2 と MMX MD4 実装が追加されました。NTLM ハッシュは、代替の実装が追加されました (-形式 nt2 =)。バイナリのビルドを Windows がなされました。
タグ: Community
-jumbo was rebased on 1.7.9. Support for RADIUS shared secrets and for SHA-0 was added. MSSQL (old and 2005), MySQL (SHA-1 based), and Lotus5 hashing were optimized. OpenMP parallelization was added for Lotus5. x86-64 builds now make use of SSE2 intrinsics for more hash and cipher types. More i-suffixed make targets were added (which use an icc-generated assembly file for SSE2 intrinsics), including for 32-bit x86 builds. An MD4 implementation in assembly for x86/SSE2 and MMX was added. An alternate implementation of NTLM hashing was added (--format=nt2). A binary build for Windows was made.

2011-11-24 08:17
1.7.9

OpenMP の並列化 MD5 暗号化とビット スライス DES が追加されました。DES キー セットアップを再加工されています。x 86 64 アセンブリ コード DES S - ボックスに最適化されました。DES ベースの tripcodes のサポートが追加されました。高速ハッシュ塩ごとの数百万の処理をハッシュ テーブル サイズが追加されています。インテル メーカーと AMD XOP の検出でフォールバック、別のプログラムのバイナリが追加されました。非 OpenMP ビルドへのフォールバックが追加されました。ベンチマーク結果比較ツールが追加されました。バンドルの共通パスワード一覧を更新しました。多くの小さな機能強化といくつかのバグ修正を行った。
OpenMP parallelization of MD5-crypt and bitslice DES has been added. DES key setup has been reworked. x86-64 assembly code for DES S-boxes has been optimized. Support for DES-based tripcodes has been added. Larger hash table sizes for faster processing of millions of hashes per salt have been added. Detection of Intel AVX and AMD XOP with fallback to an alternate program binary has been added. Fallback to a non-OpenMP build has been added. A benchmark result comparison tool has been added. The bundled common passwords list has been updated. Many minor enhancements and a few bugfixes were made.

2011-11-10 01:52
1.7.8-jumbo-8

SAP CODVN B だけでなく、MD5 に基づく crypt (3) および SSE2 の組み込みを構築するときの Apache $apr1$ ハッシュ OpenMP サポートが追加されましたし、SAP CODVN G. 生 MD4 は任意の SSE2 組み込みが強化されています。SSE2 組み込みコード MD4、MD5 と sha-1 は Intel のコンパイラでコンパイル済み、新しい i サフィックスをターゲットに使用するアセンブリ ファイルにされています。時折偽陽性または複数正しい推測のサポートを追加して作ったの WinZip ・ AES および CRC-32 を使用します。md5_gen は、動的に変更されています。他の多くの修正と機能強化が行われています。
タグ: Community
OpenMP support has been added for MD5-based crypt(3) and Apache $apr1$ hashes when building with SSE2 intrinsics, as well as for SAP CODVN B and SAP CODVN G. Raw MD4 has been enhanced with optional SSE2 intrinsics. The SSE2 intrinsics code for MD4, MD5, and SHA-1 has been pre-built with Intel's compiler into an assembly file, used with the new i-suffixed make targets. Support for occasional false positives or multiple correct guesses has been added and made use of for WinZip/AES and CRC-32. md5_gen has been renamed to dynamic. Numerous other fixes and enhancements have been made.

2011-09-22 06:35
1.7.8-jumbo-7

暗号化されたPKZIPアーカイブは、Mac OS X 10.7塩漬けSHA - 512ハッシュ、およびDESベースのtripcodesの割れのサポートが追加されました。省略可能なOpenMPの並列化は、Mac OS X 10.4から10.6の塩漬けSHA - 1ハッシュが追加されました。 DIGEST - MD5のクラッカーは、ソースコードのカスタマイズを必要とせずに使えるように改訂されました。動的にロードされたプラグインのための実験的なサポートが追加されました。 "。include"に指令をサポートし、重複するルールの抑制がjohn.confで追加されています。追加の文字エンコーディングと関連機能のサポートが追加されました。他の多くの機能強化が行われています。
タグ: Community
Support for cracking of encrypted PKZIP archives, Mac OS X 10.7 salted SHA-512 hashes, and DES-based tripcodes has been added. Optional OpenMP parallelization has been added for salted SHA-1 hashes of Mac OS X 10.4-10.6. DIGEST-MD5 cracker has been revised to be usable without requiring source code customizations. Experimental support for dynamically loaded plugins has been added. ".include" directive support and duplicate rule suppression have been added for john.conf. Support for additional character encodings and related features has been added. Numerous other enhancements have been made.

2011-08-04 05:05
1.7.8-jumbo-5

" - エンコード"新しい経由してより多くの文字エンコーディングのサポートオプションは、(現在はUTF - 8、ISO - 8859 - 1、KOI8 - R、およびCP1251)が追加されました。生のSHA - 224、SHA - 256、SHA - 384、およびSHA - 512ハッシュのサポートが追加されました。 Makefileは、Solarisのネイティブのmakeを再度で動作するように改訂されました。
タグ: Community
Support for more character encodings via the new "--encoding" option has been added (currently UTF-8, ISO-8859-1, koi8-r, and cp1251). Support for raw SHA-224, SHA-256, SHA-384, and SHA-512 hashes has been added. The Makefile has been revised to work with Solaris native make again.

プロジェクトリソース