ダウンロードリスト

プロジェクト概要

刑務所は簡単にフル chroot 環境を構築するように設計、chroot された環境エンジンです。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2004-02-08 16:36
1.9a

は刑務所いくつかのアプリケーションのftpおよびssh(など)で使用できなくなりますインストールの過程でバグが修正されました。正しいパスは、/ etc / shellsファイルに追加されます。ドキュメントやWebサイトに更新されている。
タグ: Major bugfixes, Stable
A bug in the installation process that makes jail
unusable with some applications (such as ftp and
ssh) was fixed. The right path is now added to the
/etc/shells file. The documentation and the Web
site have been updated.

2001-10-30 00:39
1.9

Linuxでは、Solaris版、FreeBSD用のフルサポート、およびIRIX、新しいモジュラアーキテクチャの周りのバグ修正の多くの()でPerlスクリプトを再設計された新しいデバッグ層、能力を容易にし、刑務所をインストールするためのMakefileからすべての設定オプションを設定する他のマイナーアップデート。
タグ: Major feature enhancements, Stable
Full support for Linux, Solaris, FreeBSD, and IRIX, redesigned Perl scripts around a new modular architecture (with lots of bugfixes), a new debug layer, ability to set up all the configuration options from the Makefile for an easier install jail, and other minor updates.

2001-08-13 15:57
1.8

このリリースのため、すべての引数のベースのバグが修正されている引数をサポートしています。また、すぐに(例のSSH / SCP)の作品、これらの引数に依存していくつかのプログラム。新しい端末を操作するコードが追加されています。ターミナルデバイスファイル(ttyとポイント/ XX)をすぐに起動時に自動的に作成されます。
タグ: Major feature enhancements, Stable
This release supports arguments, so all the argument-based bugs have been fixed. Also, some programs that depend on these arguments now work (e.g. SSH/SCP). New terminal handling code has been added. Terminal device files (tty and pts/XX) are now automatically created on startup.

2001-07-26 19:12
1.7

すべてのPerlスクリプトをバージョン1.6で誤っては、多くのバグを検出行くの原因は、- wフラグなしで実行されたテストを行いました。これらのバグは修正されているのを修正しました。引数straceのモジュール内のコードを渡すと、プログラムはそれらのパラメータを受け入れるようにできるよう修正されました。この修正プログラムにはvimの問題は、addjailsw.plスクリプトはもはやハングアップする必要があります。いくつかのマイナーなバグが修正されている。
タグ: Minor feature enhancements, Stable
All the Perl scripts tested in version 1.6 were erroneously run without the -w
flag, which caused many bugs to go undetected. These bugs have been corrected
and fixed. The argument-passing code in the strace module was fixed, allowing
the programs to accept their parameters. This fixes the vim problem, and the
addjailsw.pl script should no longer hang. Some other minor bugs have been
fixed.

2001-07-25 22:27
1.6

mkenv.shとaddjailuser.sh完全にPerlでいるので、より移植する必要が書き直されている。これは、いくつかのバグをするときには、chroot環境を構築されて発生する修正する必要があります。新しいアプリケーションaddjailsw.pl、許可するように書かれていると、chroot環境にソフトウェアを挿入する。この柔軟性を提供します。今は、どのプログラムをきれいにstraceの段階で終了することができますプログラムに引数を渡すことができます。いくつかのドキュメントの改善がなされた例をいくつか追加されました。
タグ: Major feature enhancements, Stable
The mkenv.sh and addjailuser.sh have been fully rewritten in Perl, so they
should be more portable. This should also fix some bugs that arise when the
chroot environment is built. A new application, called addjailsw.pl, has been
written to allow insertion of software into the chrooted environment. This
provides more flexibility. Now you can pass arguments to the programs, which
allows programs to exit nicely in the strace phase. Some documentation
improvements were made and some examples were added.

プロジェクトリソース