ダウンロードリスト

プロジェクト概要

IRAFとはthe Image Reduction and Analysis Facilityの頭文字をとったもので、科学的なデータの整約と解析を行うための一般的な目的を持ったソフトウェアです。IRAFは一般的な画像処理のためのプログラムの選択ができ、加えてNOAO(米国光学天文学天文台=キットピーク天文台)パッケージを含む光学天文学の整約と解析のためのたくさんのプログラムを含んでいます。ハッブル宇宙望遠鏡やX線、紫外線データの解析のための外部のあるいは階層化されたパッケージも利用できます。IRAFは次のようなプログラミング環境を提供します。すなわち、「Command Language」スクリプト、「IMFORT」フォートランプログラミングインターフェース、そして移植可能なIRAFシステムを書いたSPP/VOSプログラミング環境です。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-03-29 18:44
2.16

このリリース MEF のファイルおよびテーブルを展開、VO の新しい組み込み関数が追加されます、Url 経由でリモート データにアクセス、透明な XML サポート、デスクトップ メッセージング、および新しい VO ツールボックスを追加、ライセンスの制限を削除します。
タグ: Stable, Extensions
This release expands MEF files and tables, adds new VO builtin functions, accesses remote data via URLs, adds transparent XML support, desktop messaging, and a new VO toolbox, and removes licensing restrictions.

2011-03-30 17:33
2.15.1a

すべてのプラットフォーム上の画像の主な破損が修正されました。
Major corruption of images on all platforms was fixed.

プロジェクトリソース