ダウンロードリスト

プロジェクト概要

IPCAD (IP Cisco 会計デーモン) とバック グラウンドで実行される指定したインターフェイスでトラフィックをリッスン !NetFlow または rsh を使用して収集した情報をエクスポート IP アカウンティング デーモンです。Raw BPF デバイス、PCAP ライブラリを使用して、そらす、t シャツ、または Linux iptables ULOG & libipq パケットのソース。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-04-26 14:56
3.7.3

PPPoEのサポートが追加されました。能力フックidで()のULOGコレクタにnlgroup区別するために追加されました。 flexのコマンドラインでのコンパイルの問題が修正されました。
タグ: Minor feature enhancements
PPPoE support was added. The ability to
differentiate by hook id (nlgroup) to ULOG
collector was added. flex command line compilation
problems were fixed.

2006-04-12 23:14
3.7

このリリースでは'インターフェイスファイルを追加する<ファイル名>'tcpdumpを生成されたファイルから読み取るために。
タグ: Minor feature enhancements
This release adds 'interface file &lt;filename&gt;' for reading from tcpdump generated files.

2005-06-09 17:08
3.6.6

のNetFlow(v5の)エンジンのタイプやエンジン- idに現在の構成で設定されることがあります。 FreeBSDの5.xおよびTCP_NODELAYをとpFのすごみが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements
NetFlow (v5) engine-type and engine-id may now be
set in the configuration. FreeBSD 5.x and pf
weirdness with TCP_NODELAY were fixed.

2004-09-25 16:09
3.6.5

このリリースでは移植性の修正プログラムを追加し、流量()INGの過度のsigprocmask削除することによって高速キャプチャが向上します。
タグ: Minor bugfixes
This release adds portability fixes and improves flow capture speed by
removing excessive sigprocmask()ing.

2004-08-29 14:43
3.6.3

バイト様々なパケットをキャプチャ機能から返された数のパラノイア患者のチェックが追加された。ベターインターフェイスの命名ulogのの場合には(グループ)が使用されます。構成は- with - ifst修正されました。 Solaris 9の移植性が追加されました。
タグ: Minor bugfixes
Paranoiac checks on the number of bytes returned
from various packet capture facilities were added.
Better interface naming is used (groups in case of
ulog). configure --with-ifst was fixed. Solaris 9
portability was added.

プロジェクトリソース