ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

IP センチネルは ARP 要求に応答して IP アドレスをイーサネットのブロード キャスト ドメイン内の不正利用を防止しようとするツールです。受信した後偽造の返信すると、要求当事者 MAC の ARP テーブルに格納し、この無効な MAC に今後送信するパケットが送信されます、ip アドレス到達不能なレンダリングを実行します。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-03-29 23:15
0.12

このバージョンが検出された" -アクション"オプションをプログラムするときにARPパケットを許可実行するために追加されます。 IPアドレスのソートのエンディアンで中立的な態度は、以前の、非推奨のロギング形式をサポートして物理的には、ソースから削除されて起こります。
タグ: Minor feature enhancements
This version adds an "--action" option to execute a program when a disallowed ARP packet is detected. Sorting of IP addresses happens in an endian-neutral manner, and support for the old, deprecated logging format was physically removed from the source.

2004-12-16 13:01
0.11

このバージョンは、特定のMACアドレスに関係なく、そのIPアドレスのホストをブロックする可能にした。この機能は、ホストのワームやウイルスに感染して分離するのに役立つことができます。デフォルトのオプションを変更された。
タグ: Minor feature enhancements
This version made it possible to block hosts with a certain MAC address regardless of their IP. This feature could help to isolate hosts infected by worms or viruses. The default options were changed.

2004-06-17 17:31
0.10

コードの整理は、このバージョンでの主な変更です。のdietlibc 0.26でコンパイルの問題、および修正されたtai64nフォーマットをタイムスタンプに使用されます。
タグ: Code cleanup
Code cleanups are the main change in this version.
Compilation issues with dietlibc 0.26 were fixed,
and the tai64n format is now used for timestamps.

2003-12-16 02:19
0.9

MACのこのリリースで修正処理- IPの注釈がある場合は、より一般的なルールが存在します。また、およびMACと重複してネットワーク上での動作gccとのdietlibcバグの回避策を提供し注釈するようにネットワークの例のMACプールを構成することが予測されます。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes the handling of MAC-annotated IPs when there exists a more general rule. It provides workarounds for gcc and dietlibc bugs also, and the behavior on duplicate networks with MAC-annotation is now predictable so that e.g. MAC pools for networks can be configured.

2003-10-31 04:49
0.8

このバージョンの修正プログラムは、FROMでのバグを組み合わせモードでは、DHCPまたはのDADで使用される0.0.0.0のIPと。今のソースのMAC -アドレスを指定する、との毒侵入者が許されているIPが、彼はリクエストを送信しています。 MACを組み合わせて、IPアドレスをタグ付けでは、正しいMACときに、侵入者のIPアドレスを使用して伝播することができます一時的にマシンの電源を切った。コードのいくつかの他の部分よりRFC826準拠して行われた。
タグ: Minor feature enhancements
This version fixes a bug in the FROM-mode in
combination with 0.0.0.0 IPs, which are used by
DHCP or DAD. It is now permissible to specify MACs
of source-addresses, and to poison an intruders IP
when he has sent a request. In combination with
MAC-tagged IP addresses, the correct MAC can be
propagated when an intruder uses the IP of
temporarily turned off machines. Some other parts
of the code were made more RFC826 compliant.

プロジェクトリソース