ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

Zero Installは、分散クロスディストリビューションのソフトウェアインストールシステムです。これは、共有ライブラリ、自動更新、およびデジタル署名などの一元的なディストリビューションのリポジトリから馴染みの機能をサポートしながら、ソフトウェア開発者が、直接自分のWebサイトからプログラムを公開することができます。それは補完ではなく、交換して、オペレーティング·システムのパッケージ管理することを意図している。 0installパッケージがディストリビューションで提供されるものと干渉することはありません。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-02-14 07:41
1.15

要件は、今 MacPorts Python など MacPorts Python でのみ動作することを指定するライブラリが特定の配布を制限できます。環境変数は、複数の引数にはオプションを渡すに便利です展開することができます。.NET framework のインストールは、現在 Windows で検出されます。選択が不可能な場合に表示される診断は各候補者の選択を防ぐ制限をさらに改善されています。
Requirements can now be restricted to a particular distribution, allowing e.g. MacPorts Python libraries to specify that they work only with MacPorts Python. Environment variables can be expanded into multiple arguments, which is useful for passing options. .NET Framework installations are now detected on Windows. The diagnostics displayed when no selection is possible have been further improved to show the restrictions that prevented the selection of each candidate.

2013-01-15 09:36
1.14

Zsh および bash の補完サポートは、"0install"コマンドを追加されました。最新 PackageKit API (0.8.1) のサポートが実装されています。予行機能今では完全なドライ - での最初のダウンロードを停止する代わりに実行。「0install ショー」では、アプリケーションの現在の選択が表示されます。様々 なマイナーなバグが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements
Zsh and bash completion support has been added for the "0install" command.

Support for the latest PackageKit API (0.8.1) has been implemented.

The --dry-run feature now does a full dry-run,
instead of stopping at the first download.

"0install show" displays the current selections for an app.

Various minor bugs have been fixed.

2012-11-13 08:37
1.13

多くの改良された診断は、今とき可能な互換性のある選択範囲がない表示されます。バージョンを指定するコマンド行はバージョン制約の依存関係を含む、新しい構文です。サイト ローカル パッケージ (コンパイル済みバイナリ) の名前付けのスキームは、いくつかのプログラムを混乱させる文字を避けるために変更されました。ユーザーが選択したキャッシュ ディレクトリ今を追加 (置換) システム パスでなく。選択は自動的に (次の更新チェックを待つことがなく) 設定の変更を更新します。
タグ: Major feature enhancements
Much-improved diagnostics are now shown when no compatible selections are possible. There's a new syntax for specifying versions on the commandline, including version constraints for dependencies. The naming scheme for site-local packages (compiled binaries) has been changed to avoid characters which confuse some programs. User-selected cache directories now add to (rather than replace) system paths. Selections update automatically on configuration changes (without waiting for the next update check).

2012-09-26 00:16
1.12

サポートの OS 固有の依存関係 (例えば、依存関係に Windows にのみ必要) を追加しましたと制約のネイティブ パッケージ実装 (例えば Debian の python3 gi パッケージは Python 2 で使用することはできません)。「0install 男」man コマンド 0install アプリケーションで動作することができます。「0install ダイジェスト」マニフェストを表示するオプションになりました。それは時々 候補者のパッケージを検出するために失敗しましたを意味 PackageKit サポートのバグを修正しました。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
Support was added for OS-specific dependencies (e.g. for dependencies only needed on Windows) and for constraints in native package implementations (e.g. Debian's python3-gi package cannot be used with Python 2). "0install man" allows the man command to work with 0install applications. "0install digest" now has an option to display the manifest. A bug in the PackageKit support which meant it sometimes failed to detect candidate packages was fixed.

2012-08-28 07:05
1.11

ネイティブ Java パッケージに複数のディストリビューションが指定したバージョンをサポートするために改善されているを見つけるためにサポートしてください。置き換えられたインターフェイスは今彼らの代替品と競合します。特に最近の Python 3 のサポートに関連する多くのバグが修正されました。
タグ: Minor feature enhancements
Support for finding native Java packages has been improved to support multiple distribution-provided versions. Replaced interfaces now conflict with their replacements. A number of bugs were fixed, particularly relating to the recent Python 3 support.

プロジェクトリソース