ダウンロードリスト

Sponsored link

プロジェクト概要

ハウルは Zeroconf ゼロ構成ネットワー キング標準のクロスプラット フォームの実装です。含まれますデーモンとクライアント側の SDK の登録、ブラウズ、およびネットワーク サービスを解決して割り当てリンク ローカル IP アドレスを DHCP サーバーがない場合。Windows 2000/xp では、サイドバーが zeroconf が有効な Web サーバーおよび FTP サーバーを参照することができる Internet Explorer に含まれます。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2005-05-20 06:48
1.0.0

このリリースの更新をコア58-8-1 mDNSResponderする。これはヒープのデバッグをするときNDEBUGマクロのコンパイル時に設定されてコンパイルされます。エラーの解析時にconfファイルを現在ログオンしているが発生しました。様々な危険はsprintfを呼び出す修正されました。このリリースではまた、きれいにCygwinを使ってコンパイルされます。 OpenBSDの下でコンパイルするためのサポートが追加されました。ドキュメント内のエラーが修正されました。
This release updates to mDNSResponder core 58-8-1. It
compiles out heap debugging when the NDEBUG macro is set
during compilation. Errors encountered when parsing conf file
are now logged. Various unsafe sprintf calls were fixed. This
release also compiles cleanly using Cygwin. Support for
compiling under OpenBSD was added. Errors in the docs were
fixed.

2005-01-29 00:53
0.9.10

このリリースで修正が壊れMakefile.amやFreeBSD上でコンパイルエラーが発生。
This release fixes a broken Makefile.am and a compilation error on
FreeBSD.

2005-01-27 23:51
0.9.9

このリリースでは、ディレクトリを構築するバグは、ソースディレクトリではなかったのクリーンアップを修正メモリリークが発生。パッチのオペレーティングシステムはLinux以外に簡単にautoipdのために移植することが追加されている。
タグ: Minor bugfixes
This release fixes a bug where the build directory was not the source directory, and fixes memory leaks on cleanup. Patches have been added to make porting to operating systems other than Linux easier for autoipd.

2004-03-27 22:36
0.9.4

Windowsのシャットダウン時にハングアップを修正しましたmDNSResponder。マルチチャネルでコードを共有するバグのスレッドを修正しました。すべてのsw_rendezvous_ * APIに変更されたsw_discovery_ *. mDNSResponderの起動時にオプション設定ファイルにサービス情報を宣言することができます。オプションは、別のスレッドでは、呼び出し元のアプリケーションからmDNSResponderを実行するために追加されました。 autoipdのルートとして実行される必要があります。nifd rootとして実行する必要があります。 autoipdのリファクタリングされた。
タグ: Minor feature enhancements
The Windows mDNSResponder hang on shutdown was
fixed. The multi-threading bug in channel sharing
code was fixed. All of the sw_rendezvous_* APIs
were changed to sw_discovery_*. mDNSResponder can
optionally configure files on startup to declare
services info. An option was added to run
mDNSResponder in a separate thread from the
calling application. autoipd must be run as root.
nifd must be run as root. autoipd was refactored.

2004-02-18 02:21
0.9.3

このバージョンの修正プログラムは不正なパラメータsw_salt_initでは、Windows、Mac OS Xでsw_salt_stepのタイムアウトのバグであり、mDNSResponderの下でCreateWindowの、そのエイリアスのインターフェイスで動作していなかったiスイッチ。はRedHat Linuxでは、- aオプションmDNSResponderにpkgconfig用のサポート、およびsw_rendezvous_socket()とsw_rendezvous_read_socketのRPMのspecを追加()外国人のイベントループ内でのより良い統合するためのAPI。これは、Windowsの下でハウルのAPIでは__stdcall規則を指定します。
タグ: Major bugfixes
This version fixes an incorrect parameter to CreateWindow in
sw_salt_init under Windows, a timeout bug in sw_salt_step
under Mac OS X, and the mDNSResponder -i switch that was
not working with alias interfaces. It adds an RPM spec for
RedHat Linux, support for pkgconfig, a -a option to
mDNSResponder, and sw_rendezvous_socket() and
sw_rendezvous_read_socket() APIs for better integration in
foreign event loops. It specifies __stdcall convention in Howl
APIs under Windows.

プロジェクトリソース