ダウンロードリスト

プロジェクト概要

高解像度タイマーを高分解能タイマーを実装する Java および C++ ラッパー ライブラリです。これらのタイマーはパフォーマンス分析を行うときに、タイマー刻みをカウントするために使用できます。このライブラリはシステム依存タイマー時計を悪用し、同じタイマーのようなインターフェイスを提供します。添付ファイルには Linux と Solaris ビルド スクリプトがあります。JNI を使用して使用タイマー インターフェイス ライブラリ上の Java ラッパーもあります。

システム要件

システム要件が設定されていません
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2007-05-04 20:15
1.0

このライブラリは、パフォーマンスライブラリのための基本設計するための基本的なアプローチです。まだ考慮する等の負荷時に、ライブラリには、少なくともAVGの解像度では、タイマーで自分自身を初期化ライブラリをプリロードの詳細を講じていない。で時間をアンロードすると、ライブラリのすべての割り当てられたメモリを解放することによってクリーンアップします。このライブラリは、ユーザーがエラーの詳細なレポートを知らせるためgetErrorMessage機能を提供します。このライブラリは、輸出を開始/ JNIのラッパーを停止します。
タグ: Initial freshmeat announcement
The library is a basic approach to design a base for the performance library. It has not yet taken into consideration the details of library preloads, etc. At load time, the library initializes itself with the timer with the least avg resolution. At unload time, the library cleans up by freeing any allocated memory. The library provides a getErrorMessage function to let the user know the detailed report of the error. The library exports start / stop JNI wrappers .

プロジェクトリソース