ダウンロードリスト

プロジェクト概要

hdparmは、さまざまなIDEドライブとドライバのパラメータを表示、操作するためのLinuxのシェルのユーティリティです。ほとんどのドライブのパフォーマンスの向上から"コマン"hdparm -qm8 -qu1 -qc1 -qd1 /dev/hda"と同様のコマンドを使用して、より改善されたパフォーマンスを提供することができます。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-11-19 06:07
9.43

アイドル/スタンバイ/スリープ「今」のフラグが最後に実行されるので、フラグの実行の順序を並び替えます。
タグ: Minor bugfixes
The order of flag execution was rearranged so that the idle/standby/sleep "now" flags are executed last.

2012-09-30 08:24
9.42

HDIO_GETGEO_BIG の使用は、それ以降のカーネルで非推奨となりました今回避です。セキュアな消去タイムアウトは今大きくパディングがあります。SCT の識別情報が改善されました。順序は"-S"と"-y"フラグが修正されました。土 (sgio) 経由で送信されたセキュリティ コマンドのブロック数は 1 に設定されて今。FIGETBSZ は、今 fibmap のファイルシステムのブロック サイズを決定するために使用されます。セクターのダンプは、今 le16 の出力形式に強制されます。他の多くのマイナーな改良、バグ修正やマニュアルの改善が行われています。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
Use of HDIO_GETGEO_BIG is now avoided, as it is deprecated in newer kernels. Secure erase timeouts now have bigger padding. SCT identify information has been improved. The ordering of the "-S" and "-y" flags has been fixed. The block-count of security commands sent via SAT (sgio) is now set to 1. FIGETBSZ is now used to determine the filesystem block size for fibmap. Sector dumps are now forced to the le16 output format. Many other minor improvements, bugfixes, and documentation improvements have been made.

2012-02-05 01:08
9.39

新しい「-R」読み取り書き込み確認機能を制御するオプションが追加されました。
タグ: Minor feature enhancements
A new "-R" option has been added to control the Read-Write-Verify feature.

2012-01-09 05:01
9.38

ワイピングのスクリプト wiper.sh をすべて SCSI_DISK メジャー番号を更新しました。セキュリティ消去回数が非常に長い処理を更新しました。「-J」フラグを wdidle3 セットと取得を追加しました。
タグ: Minor feature enhancements
The wiping script wiper.sh was updated to allow all SCSI_DISK major numbers. The handing of very long SECURITY-ERASE times was updated. The "-J" flag was added for wdidle3 set/get.

2011-01-25 22:28
9.37

RAID 1のstart_lba値は、現在処理されます。 " - fibmap"コマンドは、現在start_lbaは不定であるときに終了します。 wiper.shは、HFS +ファイルシステムおよび廃止コマンドを使用して回避するために問題に行われました。
タグ: Minor bugfixes, Minor feature enhancements
RAID 1 start_lba values are now handled. The "--fibmap" command is now terminated when start_lba is indeterminate. wiper.sh was modified for an issue with HFS+ file systems and to avoid using an obsolete command.

プロジェクトリソース