ダウンロードリスト

プロジェクト概要

HAproxy is a high-performance and highly-robust TCP and HTTP load balancer which provides cookie-based persistence, content-based switching, SSL off-loading, advanced traffic regulation with surge protection, automatic failover, run-time regex-based header control, Web-based reporting and management interface, advanced logging to help trouble-shooting buggy applications and/or networks, and a few other features. Its own event-driven state machine achieves 100,000 connections per second and surpasses GigaEthernet on modern hardware, even with tens of thousands of simultaneous connections.
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-12-29 06:52
1.5-dev17

(冷凍の記事、中止された SSL セッション、および時折切り捨てられたレスポンス サーバーから POST 要求の初期) 1.5 dev15 以来の最後の既知のバグが修正されました。さらに、いくつかの待望の機能が実装されています: サポート [%] を使用するログ形式では、フェッチ関数のサンプルから来て何かをログにこれ (すべての SSL 情報今渡すことができますこの方法) HTTP ヘッダー内のサーバーに渡すだけでなく。HTML の統計ページのヒントより詳細な情報を (これは dev16 で壊された) が改善されました。1.5-Dev12 16 のユーザーはアップグレードを強く推奨です。
タグ: Minor feature enhancements, Major bugfixes
The last known bugs since 1.5-dev15 have been fixed (frozen POSTs, aborted SSL sessions, and occasionally truncated early responses from servers to POST requests). Additionally, a few long-awaited features have been implemented: support for logging anything coming from a sample fetch function using %[] in the log format, as well as passing this to servers in HTTP headers (all SSL information can now be passed this way). The HTML stats page was improved with more detailed information in tips (this was broken in dev16). Users of 1.5-dev12 to 16 are strongly encouraged to upgrade.

2012-12-13 07:46
1.5-dev15

少数のユーザーは dev14 で経験されている、CPU 使用率は今固定しました。SSL の情報を記録する場合、ファイル記述子のリークが修正されました。クライアントの証明書のいくつかの SSL の問題を修正しました。SSL ハンドシェイク エラーは今記録されます。"SD"フラグ クライアント エラーの場合のいくつかの不適切なログが解決されました。Gzip 圧縮を有効にする条件が厳しくなった。レイヤー 7 情報ヘッダーから撮影した IP アドレスなどは今追跡できます。1.5 Dev12 のユーザー.dev14 を奨励して、アップグレードします。
タグ: Feature Enhancements, Bugfixes
The high CPU usage a few users have been experiencing in dev14 is now fixed. A file descriptor leak when logging SSL information was fixed. Some SSL issues with client certs were fixed. SSL handshake errors are now logged. Some incorrect logs of "SD" flags in case of client errors were resolved. The conditions to enable Gzip compression were tightened. Layer 7 information such as the IP address taken from a header can now be tracked. Users of 1.5-dev12..dev14 are encouraged to upgrade.

2012-03-12 03:31
1.4.20

いくつかの迷惑な問題 (いくつかの古い) が修正されました。1.4 のすべてのユーザーは、アップグレードすることをお勧めします。ゼロ重量サーバー バックエンド キューからの要求をもう取ることはありません。サーバー接続の解放、キューから新しいものを拾うにされないことがある問題を修正。ポスト要求バッファーより小さい時 200 ms が遅れる可能性が。発信セグメントをチャンクの折り返しも常にマージされることを確認するメカニズムをマージ、TCP セグメントが改善されました。
タグ: Major bugfixes, Maintenance
A number of annoying issues (some old) were fixed. All 1.4 users are encouraged to upgrade. Zero-weight servers won't take requests from the backend queue anymore. A fix for an issue where releasing a server connection would not result in picking a new one from the queue. POST requests smaller than the buffer could sometimes be delayed by 200ms. The TCP segment merging mechanism has been improved to ensure that outgoing segments are always merged even with wrapping chunks.

2011-09-05 18:35
1.4.17

ヘッダの値の末尾過去の空白は無効として拒否されるスペースが埋め込まれたContent - Lengthヘッダを引き起こして、無視されていませんでした。いくつかのマイナーな改良が行われた。ユーティリティに渡すツールは、より多くのフィルタリング基準をサポートし、目立って速くなるように改良されました。すでにセットアップを実行するためにアップグレードする必要はありません。
タグ: Minor improvements, Minor bugfixes
White space past the end of header values was not ignored, causing a space-padded content-length header to be rejected as invalid. A few minor improvements were made. The halog tool was improved to support more filtering criteria and to be noticeably faster. There is no need to upgrade for already running setups.

2011-03-29 17:57
1.5-dev5

多くの変更が加えられて、それらのほとんどはバグ修正。サーバー側のIPv6とサーバー側のプロキシプロトコルのサポートが追加されました。他のすべての変更は、それ以降のサーバー側は、keep - aliveをサポートして必要な内部アーキテクチャの変更です。他の1.5の開発バージョンのユーザーが開発版が必要通常の注意を払って、アップグレードすることを推奨します。
タグ: Major feature enhancements, Bug fixes, Development
Many changes were made, most of them bugfixes. Server-side IPv6 and server-side PROXY protocol support was added. All other changes are internal architecture changes needed to support server-side keep-alive later. Users of other 1.5 development versions are encouraged to upgrade, with the usual care needed for a development version.

プロジェクトリソース