ダウンロードリスト

プロジェクト概要

Gujinは、パーティションとファイルシステムを分析することができ、PCのブートローダーです。それが可能なLinuxカーネルイメージと同様に、他の起動可能なパーティション(* BSD、MS-DOS、Windowsなどの場合)、ファイル(*。kgz)および起動可能なディスクイメージを(*。BDI)を見つけ、グラフィカルなメニューが表示されます。起動するシステムを選択する。それはブーツLILOとGRUBのように、文書化インタフェースを使用してLinuxカーネルをするので、他のプリインストールされたブートローダーを必要としません。これはまた、直接リアルモードのBIOSデータを収集するためのシンプルなインターフェースで、gzip圧縮されたELF32またはELF64ファイルを読み込むことができます。だけは "/ boot"ディレクトリにカーネルイメージファイルをコピーして、標準的な名前で新しいカーネルを行った後に何かを実行する必要はありません。 GujinはGCCとCでほぼ完全に書かれており、それは完全に可能な限り互換性があるようにリアルモードで実行されています。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2013-01-10 15:53
2.8.7

このリリースは、OpenSuSE、改善された検出/boot/gujin.cmd ファイルを充填するためのパーティションのラベルの上のインストールに関する問題を修正、ドイツ語の翻訳を改善、Ubuntu の新しいバージョンのパッケージを生成すると問題を修正しました。
タグ: Stable
This release improved the German translation, fixed problems with installing on OpenSuSE, improved detection of partition labels for filling the /boot/gujin.cmd file, and fixed a problem with generating the package on new Ubuntu versions.

2012-02-09 08:05
2.8.5

このリリースは、ブートローダーをインストールするようなバグの修正し、非常に断片化された ext2 ファイルシステム (Fedora 既定/boot パーティション)、上の Linux カーネルを読み込むファイルは脂肪のプローブ/ブート ディレクトリこのディレクトリのサイズが null (標準では今) より良いの場合もラベルを持たないパーティションの場合を処理 VirtualBox でより良い作品します。古今今も、基になるデバイスは、例えば、CDROM ・ DVDRAM は 2048年バイト ・ セクターに書かれた、512 バイト/セクター superfloppy をことができるよりも、異なるセクタ サイズでしたファイル ・ システムにカーネルをロードすることができます。
This release fixes a lot of bugs, like installing the bootloader and loading a Linux kernel on a highly fragmented ext2 filesystem (Fedora default /boot partition), probes files in a FAT /boot directory even if the size of this directory is null (now the standard), better handles the case of partitions without labels, and works better in VirtualBox. Gujin can now also load kernels on filesystems made with a different sector size than the underlying device allows, for instance having a 512 bytes/sector superfloppy written on a CDROM/DVDRAM with 2048 bytes/sectors.

2011-06-30 09:59
2.8.4

このリリースには、Shift - F1キーがShift - F2のようなLinuxのコマンドラインを編集していませんでした.. F12問題を修正しました。 VirtualBoxのバグがVESAリニアグラフィックスを無効にするために検出されます。 GCC 4.6のコンパイルの修正が追加されました。 HP Compaqの8000エリートBIOSの問題が修正されました。 gujin.shという名前のファイルは、それが古金を使用したライブCDのイメージファイルから起動するためにLinuxのライブCDのinitスクリプトにパッチを適用する例として提供されています。
This release fixed a problem where Shift-F1 was not editing the Linux command line like Shift-F2..F12. A VirtualBox bug is now detected to disable VESA linear graphics. GCC 4.6 compilation fixes were added. A problem with the HP Compaq 8000 Elite BIOS was corrected. A file named gujin.sh is provided as an example to patch the init scripts of a Linux live CD to get it to boot from the live CD image file using Gujin.

2010-12-09 07:55
2.8.3

このバージョンではバグとリグレッションが修正され、ディスクのハードコーディングされたセクタサイズを削除します(論理セクタあたり4096バイトを使用してディスクを管理)、ファイルのイメージとしてハードディスクに保存されているライブCDを起動するが向上し、クイック起動のための"小さな"ブートローダを向上させるシンプルな構成(ext4ファイルシステム上の単一のLinuxディストリビューション、またはGujin自身のエル- Toritoのブートローダに基づいてライブCD - ROMとPCのような)の。
This version fixes bugs and regressions, removes the hard-coded sector size of disks (manages disks with 4096 bytes per logical sectors), improves booting live CDs stored on the hard disk as file images, and improves the "tiny" bootloaders for quick booting of simple configurations (like a PC with a single Linux distribution on an ext4 filesystem, or a live CD-ROM based on Gujin's own El-Torito bootloader).

2010-06-17 07:30
2.8.2

このバージョンでは、多くのバグを修正するには/シフトカーネルを選択して押すと、ISO9660の上のRock Ridge拡張を認識する(ファイル名を最後のコマンドラインを編集)を確認することができますし、起動できるライブCD - ROMイメージを格納そのままmore単純な名前のファイルの助けを借りて/ bootディレクトリは、(NimbleX、siduxの、eLiveなのは、Ubuntu、eeebuntu、とLinux Mintでテスト済み)""gujin.cmd。
This version fixes a lot of bugs, allows you to review/edit the final command line by pressing Shift when selecting a kernel, recognizes the Rock Ridge extension on ISO9660 (filenames), and can boot more unmodified live CD-ROM images stored in the /boot directory (tested with NimbleX, sidux, Elive, Ubuntu, eeebuntu, and Linux Mint) with the help of a simple file named "gujin.cmd".

プロジェクトリソース