ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GraphicsMagickは、DPX、DICOM、BMP、GIF、JPEG、JPEG-2000、PDF、PNG、PNM、SVGやTIFFなどの一般的なフォーマットを含む90を超える主要なフォーマットで画像の読み込み、書き込み及び操作をサポートしているツールとライブラリの堅牢なコレクションです。SVG機能のサブセットを提供する高品質な2Dレンダラを備えています。C、C++、Perl、Tcl及びRubyがサポートされています。 ImageMagickを元にしており、GraphicsMagickは、性能に焦点を当て、バグを最小限に抑え、安定版APIとABIを提供しています。これは、Unixのすべてのモダンな亜種、Windows及びMac OS X上で動作します。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2012-02-26 22:17
1.3.14

このリリースの DPX、EMF、TGA、8.86-1 形式のバグ修正を追加します。MEF 生のサポートが追加されました。Despeckle アルゴリズム (-ノイズ除去) 何回も以前よりも速いです。Windows パッケージの最新のリリース バージョンには、PNG、TIFF、zlib ライブラリが更新されました。
This release adds bugfixes for the DPX, EMF, TGA, and DCRAW formats. Support for MEF RAW has been added.The Despeckle algorithm (-despeckle) is many times faster than before. The PNG, TIFF, and zlib libraries have been updated to the latest release versions for the Windows package.

2010-03-09 07:29
1.3.12

このリリースで修正される不具合の数です。最も重要なのは、フィルタとしてのgraphicsmagickの使用1.3.10リリースによって破られた。で井戸からのDOS攻撃を暴露の可能性を避けるために、Windowsユーザは、このバージョンをインストールする必要がありますPNGファイルに細工された。
This release fixes a number of bugs. Most significantly, use of GraphicsMagick as a filter was broken by the 1.3.10 release. Windows users should install this version in order to avoid possible exposure to a DOS attack from well-crafted PNG files.

2010-02-22 10:33
1.3.11

これは、バグ修正や機能のリリースです。致命的なバグ付きの文字の使用に関連する(1.3.8で修正済み)が導入。サポートする構成、-エクステント、および-サムネールのコマンドオプションが追加されます。
タグ: 1.3.X
This is both a bugfix and feature release. A critical bug related to the use of signed characters (introduced in 1.3.8) is fixed. Support is added for -compose, -extent, and -thumbnail command options.

2010-02-11 09:32
1.3.10

このリリースでは、1.3.9のリリースで発見されたいくつかのバグ。最も重要な修正プログラムは、+隣接として1つの画像フレームで正常に機能していなかったからだ。
タグ: GraphicsMagick-1_3
This release fixes several bugs which were discovered in the 1.3.9 release. The most significant fix is that +adjoin was not working as expected with one image frame.

2010-02-05 09:19
1.3.9

これらは、Debianバグ追跡システムに提出したかは、Debianのgraphicsmagickメンテナを含め、このリリースで修正さはかなりの数のバグ。最も重要なバグを修正クラッシュする場合、OpenMPスレッドの数は、コマンドラインまたはOpenMP APIを介してデフォルト値から低減されます。
This release fixes quite a few bugs, including those submitted to the Debian bug tracking system or to the Debian GraphicsMagick maintainer. The most significant bug fixed is a crash if the number of OpenMP threads is reduced from the default via the command line or OpenMP API.

プロジェクトリソース