ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GPX Viewerは、GPXファイルを可視化する単純なプログラムです。これは、プロットのためにlibchamplainとcairoを使用します。複数のGPXファイルの表示、GPXファイル毎の中継地点と複数トラックの表示、選択したトラックのハイライト表示、速度対時間グラフの表示、距離、時間、平均値、移動速度の平均値、最大移動速度、移動時間、およびGPSポイントの表示をすることができます。ズーム、速度グラフの平滑化、速度グラフの点の強調を地図上でサポートします。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2009-10-15 07:22
0.1.3

このリリースではポイントをトラックでクラッシュするバグを修正。それはできるトラックの再生。これは、トラックでは、データ点を描画することができますが持っていない運動の図面を改善しました。
This release fixes a crash bug on tracks with no point. It allows playback of tracks. It can draw data points in a track, and has improved drawing of no motion.

2009-08-13 23:20
0.1.0

これは、最初の安定リリースです。
This is the first stable release.

2009-07-24 05:39
0.0.7

automakeは1.11を介してヴァラをネイティブにサポート。いくつかのロケール用のGPXファイルの解析修正されています。
Vala native support via automake 1.11. Parsing of the GPX file for some locales has been fixed.

2009-07-12 21:51
0.0.6

ウァラクとウァラクのバージョンを設定するをチェックします。移動平均改善されました。の範囲は、グラフで選択することができます。トラックの統計情報が、トラックのサブセットを選択更新されます。翻訳をサポートし、2つの翻訳を追加しました。ジオファイルへのアクセスなので、すぐに削除したファイルを開くときに使用されサポートされます。 XmlTextReaderは、gpx形式のファイルを解析するために使用されます。ルートのサポート(トラックなど)が追加されました扱われる。ピンが追加されました。
Configure now checks for valac and valac version. The moving average was improved. A range can be selected in the graph. Track statistics are updated when selecting a subset of the track. Translation support and two translations were added. GIO File access is used, so now opening a removed file is supported. xmlTextReader is used to parse a gpx file. Support for routes (treated as tracks) was added. Pins were added.

2009-07-07 05:52
0.0.5

ほとんどの機能を実装した最初のリリース。
The first release, with most functions implemented.

プロジェクトリソース