ダウンロードリスト

プロジェクト概要

GOsa² は、アカウントと LDAP データベース内のシステムを管理するための強力なフレームワークを提供します。GOsa² を使用してシステム管理者は、ユーザーとグループ、脂肪とシン クライアント、アプリケーション、電話や fax、メール配布リスト、および他多数のパラメーターを簡単に管理することができます。輝 (完全自動インストール) と連携して、GOsa² は事前に構成されたシステムの非常に自動化されたインストールことができます。GOsa² したがって、LDAP ベースの単一ポイントを提供します大小の環境管理のシステムとユーザーの管理をこのように作るとすべての関連するパラメーター管理しやすい。
プロジェクトのリリース情報やプロジェクトリソースの情報です。
注: プロジェクトリソースの情報は Freecode.com ページからの引用です。ダウンロードそのものは、OSDNにホスティングされているものではありません。

2011-11-09 07:22
2.7.3

このリリースはエラー修正テンプレートを削除する場合は、ナビゲーションの問題を修正、バンドルの Smarty の更新、ACL と POSIX のダイアログをソート可能なリストを紹介の問題は、LDAP から読み取られたメール メソッドのパラメーターを修正、生成された UID 提案の変更を許可するためのフラグを追加、動的な値は、LDAP に書き込まないように dyngroups を向上、in_array メソッドで呼び出し、厳密な一致を使用して置き換えられます、samba パスワード ハッシュ、そのエラーの処理、私のネットワークのエントリを並べ替え可能な一覧を使用する更新の Kolab タブの改善し、輝内のオブジェクトの LDAP のクリーニングを行った。
タグ: Minor Bug fix and enhancement
This release fixes an error when removing templates, fixes a navigation issue, updates the bundled Smarty, introduces sortable listing to ACL and POSIX dialogs, fixes a problem with mail-method parameters that were read from LDAP, adds a flag to allow modification of generated UID proposals, improves dyngroups to not write dynamic values back to the LDAP, replaces in_array calls with a method that uses strict matching, improves samba password hashing and its error handling, updated Kolab tab to use a sortable list for my networks entries, and fixes cleaning of FAI objects in LDAP.

2011-04-13 17:21
2.7.1

このリリースでは、パスワードのフックの動作を、復元sambaのキックオフ時刻の設定、および修正のメールアドレスのチェックおよびアカウントの有効期限のチェックを単一化する。また、ACLの処理は、その場合の不一致を持つユーザーまたはグループのDNの好き嫌いでするように改善されました。
タグ: Minor Bug fix and enhancements
This release unifies the password hook behavior, restores samba kickoff time settings, and fixes mail address checking and account expiration checks. Additionally, the ACL handling has been improved to be not so picky with user or group DNs with a case mismatch.

2011-01-20 23:26
2.7

このメジャーリリースでは、完全に更新CSS3/HTML5デザインが付属しています。これは、英語表現、カスタムフィルタ方法、統一されたソート可能なリストは、新しい参照タブ、および簡単にセットアップを行う新しいプロパティエディタを固定されています。その他の新機能は、動的グループの設定は、新しいパスのメニューは、ワイルドカードのACL、微調整は、プラグインのフック、改善された堅牢性が含まれています。
タグ: Major feature enhancements
This major release comes with completely updated CSS3/HTML5 design. It provides fixed English wording, custom filter methods, unified and sortable lists, new reference tabs, and a new property editor that makes setup easier. Other new features include dynamic group settings, a new path menu, wildcard ACLs, fine tuned plugin hooks, and an improved robustness.

2010-09-07 06:08
2.6.11

イベント終了後の処理が更新され、中古イベントが追加されているフック。 sudoersファイルは、今では特殊文字を許可プラグインSambaはSambaの3.4.xのバージョンでも動作するように更新されているプラグインです。 Sambaのハッシュのメンテナンスは、無効にすることができますパスワード提案が有効にすることができます。
タグ: Feature Enhancements, Bugfixes
Post-event handling has been updated and pre-event hooks have been added. The sudoers plugin now allows special chars, and the Samba plugin has been updated to work well with 3.4.x versions of Samba. Samba hash maintenance can be disabled, and password proposals can be enabled.

2010-03-16 23:24
2.6.9

携帯電話のアカウントは、TLS Webベースのセットアップモジュールでは、DHCPのステートメントの処理、およびメールフィルタの生成処理をこのリリースで修正を発行します。フィルタの説明は、以前の2.6系列のように動作するように更新されました。
タグ: Minor Bug fix and enhancement
This release fixes issues with phone accounts, TLS handling in the Web base setup module, DHCP statement handling, and mail filter generation. Filter descriptions were updated to behave more like the former 2.6 series.

プロジェクトリソース